Yahoo! JAPAN

IDでもっと便利に新規取得

ログイン

モーニング娘。’19 メンバー3人がテレビ初収録『SONGS OF TOKYO Festival 2019』に出演

Techinsight

15期メンバーが加わったモーニング娘。’19の14人(画像は『モーニング娘。’19 Q期 2019年9月12日付オフィシャルブログ「14人体制初の☆譜久村聖」』のスクリーンショット)

モーニング娘。’19がNHKワールドTVによる音楽特番『SONGS OF TOKYO Festival 2019』に出演することが分かった。『SONGS OF TOKYO』は2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、日本のアーティストによるパフォーマンスを披露して東京の「今」を象徴する音楽を海外に発信するため、2018年1月1日より放送が始まった。その第3回目の特番が『SONGS OF TOKYO Festival 2019』で、9月12日に第1夜の公開収録を終えたモー娘。’19メンバーがブログで心境を綴っている。

【この記事の他の写真を見る】

2018年正月に放送された第1回特番ではX JAPAN、Linked Horizon、T.M.Revolution、関ジャニ∞など数々のアーティストが登場するなか主な女性アイドルとしてAKB48が出演しており、2018年11月に放送された第2回でそのポストは欅坂46と乃木坂46だった。第3回は海外でも人気が高いモーニング娘。’19が満を持しての登場だ。

モーニング娘。’19は6月22日に加入した15期メンバーの北川莉央(15)、岡村ほまれ(14)、山崎愛生(14)を含む全14人が出演。10期でサブリーダーの石田亜佑美はブログで「私はスタンバイの順番が、岡村ほまれちゃんと、山崎愛生ちゃんと近かったのですが、とっても緊張していて…なんだか私も一緒に緊張してしまいました」と明かしている。

それでも本番は楽しめたようで、「海外のファンの方のお言葉を、身近で頂けたのは貴重な経験でしたし、たくさんの方が一緒に手振りしてくださったのも嬉しかった」と振り返る。

9期でリーダーの譜久村聖は、「歌っている時の後ろのスクリーンや照明 カメラアングルにもとても感動」「あんなに動き回ってる14人 一人一人をしっかり映してくださいました 緊張はしましたがパフォーマンスはかなり楽しくあげあげでお届けできたと思います」という。

総合司会を務める村上信五(関ジャニ∞)とは久々の共演で「以前歌わせていただいた曲のことを思い出したりその曲についてもMCで少しお話出来たり」したそうだ。

昨年6月17日放送のテレビ朝日系音楽番組『関ジャム 完全燃SHOW』でモーニング娘。’18をゲストに迎えており、

ジャムセッションコーナーで村上信五と丸山隆平が彼女たちと『恋愛レボリューション21』~『ザ☆ピ~ス!』~『One・Two・Three』スペシャルメドレーのダンスに挑戦した。

譜久村がMCで村上と話したのはその時のことと思われるが、どのような内容なのか気になる。また、15期メンバーの3人は今回がテレビ初収録で、譜久村が山崎愛生について「めいちゃんが自己紹介した瞬間のざわめきが凄かった 笑」、「そしてその後のパンダさんにほっこりでしたっ」というその場面にも注目したい。

ファンからは「ひとつひとつが初めての経験だもんなっ 15期の3人にとっては、きっと忘れられない日になっただろーねっ」、「初めての事が多い新メンバー 大変な事も多いだろうけど楽しんで欲しいですね」といったコメントが寄せられている。

なお9月13日には第2夜の収録が行われ、Official髭男dismにKing & Prince、GLAY、高橋洋子、BiSHらが出演した。それぞれの放送日は後日番組ホームページで発表される。

画像は『モーニング娘。’19 Q期 2019年9月12日付オフィシャルブログ「14人体制初の☆譜久村聖」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

【関連記事】

おすすめの記事