Yahoo! JAPAN

愛猫の「ストレスをためない」ための3つの方法 メンタルケアでしてあげたいこと

ねこちゃんホンポ

1.環境のチェック

猫がストレスをためないようにするには、環境が大事です。野生時代の習性から、猫には高い場所や狭く薄暗い場所が必要なので、まずはそのような場所が用意できているかどうか、チェックしてみましょう。

キャットタワーやキャットハウスなどで、手っ取り早くそのような場所を作ることができますが、用意できない場合でも、棚の段差を利用したり、押し入れや家具の隙間に猫が入れるようにするだけでも充分です。

とにかく、猫にとって安心できる場所、隠れられる場所が、猫には必要不可欠なのです。多頭飼いの場合は特に、ひとりになれる場所が重要です。

また、トイレの環境も大切で、トイレのサイズ、猫砂の種類、猫砂がきれいになっているかどうかでストレスをためてしまうことがあります。トイレの設置場所にも注意しましょう。

2.運動不足にならないようにする

個体差がありますが充分に体を動かすことができないと、猫はストレスを抱えてしまう傾向があります。特に完全室内飼いの場合は、家の中だけで生活するわけですから、運動不足になりがちです。

走り回ったり、思い切りジャンプできるスペースがあることが理想ですが、上下運動ができるように環境を整えてあげるだけでもストレスの軽減になります。高い所に登れるよう工夫してあげましょう。

また、毎日少しずつでいいので、おもちゃなどを使って、飼い主が猫と遊んであげることも大切です。運動になるだけでなく、よいコミュニケーションになり、猫と飼い主との絆を深めてくれます。

3.甘える時間も大事

猫が甘えたい時に甘えさせてあげることも大切です。飼い主とのスキンシップやコミュニケーション不足はストレスの原因になります。忙しいと後回しにしてしまうこともあると思いますが、猫が甘えてきた時にはできるだけ撫でてあげたり、優しく声をかけてあげて下さいね。

ただし、やり過ぎは逆効果になるので要注意です。猫にはひとりでいたい時もあります。そのような時に無理に構うとストレスを与えてしまうのです。

猫の気持ちに寄り添って、猫のペースで触れ合いを大切にしましょう。

猫のメンタルケアでできること

猫にもそれぞれの個性や性格があります。臆病や甘えん坊、活発で遊ぶことが好きな子もいれば、自立心が強くひとりでいることを好む猫もいますね。そのため、その猫に合った接し方をすることが大切なのです。常に猫の気持ちを尊重してあげましょう。

また、猫が嫌がっていることはないか、我慢していることがないか気にかけてあげて下さいね。

まとめ

猫はストレスをためると、体調を崩してしまうことがあります。そうなる前に、ストレスの原因となるものがあれば、取り除いてあげましょう。

心をこめて愛猫のお世話をすることも大切です。そして、愛情をたくさん伝えてあげて下さいね。大事にされていること、愛されていることは猫にもわかるはずです。


(獣医師監修:葛野莉奈)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 見た目はシンプル、実は香り華やか、広島・呉「蜜屋」伝統の「蜜饅頭」/人気店の定番スイーツ vol.65

    おいしいマルシェ
  2. 猫のストレスサイン『常同行動』とは?愛猫に見られたらどう対処すべき?

    ねこちゃんホンポ
  3. シニア犬の介護…具体的に何をするの?必要になる3つのお世話とは

    わんちゃんホンポ
  4. 私って性格悪いね、ごめんなさい! 自分のダークサイドを自覚した4つの瞬間

    コクハク
  5. 雄鷹台山に登山ルート看板

    赤穂民報
  6. ZiplineとWellSpan Health、医療用ドローン配送をペンシルバニア州に導入

    DRONE
  7. 『生後2ヶ月の赤ちゃん双子犬』がぬいぐるみ過ぎる…微笑ましい光景に5万9000人が悶絶「絵本から飛び出してきたみたい」と絶賛の声

    わんちゃんホンポ
  8. 北陸新幹線の白山総合車両所に隣接、「トレインパーク白山」3月13日グランドオープン!点検・設備の様子も見学できる鉄道ファン大注目スポット(石川県白山市)

    鉄道チャンネル
  9. 世界最大級のマシンピラティススタジオ『CLUB PILATES(クラブピラティス)』が、2024年2月22日(木)、福岡・六本松にNEW OPEN!

    muto
  10. <卑しいヒト>新1年生に「ランドセルのお下がりくれない?」クレクレのママ友対策は?

    ママスタセレクト