Yahoo! JAPAN

犬が『怖がっている』4つのもの

わんちゃんホンポ

️人間と犬、脳の違い

犬は視力は約0.2〜0.3程度で、常に視界はぼんやりとしています。そのかわり、動体視力や聴覚に優れていますが、人間と犬では、脳に器質的な違いがあります。

具体的には、理性や感情コントロールを行う「前頭葉」の占める比率が異なります。人間で約29%、犬で約7%となっており、犬の方が恐怖心を抱きやすいことが分かります。

犬が恐怖を感じる対象として、代表的なものに『雷』があります。

予測できない大きな音もそうですが、気圧の変化も影響しています。また、飼い主が怖がる様子を見せると、負の感情は犬にまで伝染します。

️犬が怖がるものって…?

1.破裂音

花火や風船の「バンッ」と鳴る破裂音は、頻繁に耳にする音ではありません。

聞き慣れないということもありますが、音の発生源が正体不明なので、犬には到底理解できないのです。

「花火恐怖症」「風船恐怖症」という言葉があるくらいなので、犬に限らず、人間でも苦手に感じる方はいます。

2.グレーチング

「グレーチング」とは、道路脇の側溝にはめ込まれている格子状の金属製の蓋のことです。

溝に足を取られるのが嫌なのか、グレーチングゾーンに差し掛かるとほとんどの犬はその上を歩くのを躊躇し、以下のような行動を取ります。

✔ジャンプして飛び越える
✔グレーチングの横を通り過ぎる
✔立ち止まって抱っこをせがむ

3.水

泳ぎが得意な犬種がいる一方で、水に触ることすら怖がる犬がいます。

水辺がない地上で生活していた犬種(※1)、愛玩犬に該当する犬種(※2)は水に慣れていないため、水嫌いが多いようです。

泳ぐ機会はなくても、お風呂まで嫌がるようになったら、体が汚れて洗いたいときに困ってしまいますよね…。

※1 ビーグル、ダックスフンド、柴犬 など
※2 チワワ、ポメラニアン、ミニチュア・ピンシャー など

4.不機嫌な飼い主

「もの」に含んで良いかどうかは微妙ですが、「不機嫌な飼い主」も犬が怖がる対象です。

自分が怒られている訳ではなくても、飼い主の機嫌が悪く強めの口調で話していたりすると、ピリピリした空気を感じ取り、不安な気持ちになります。八つ当たりは言語道断です。

犬は争いを好まないため、穏やかな暮らしを求めています。頼りの飼い主が怖い存在になると、怯えて近寄ることを避けるようになります。

️恐怖心による行動

恐怖を感じた犬は、どのような行動を見せるのでしょうか。いくつかの例を挙げてみます。

✔小刻みに震える
✔腰が引ける
✔耳が倒れている
✔心拍数が上がる
✔おしっこを漏らす

上記のような症状が続くと、精神的苦痛から、後にトラウマとなってしまいます。

リラクゼーション・トレーニングなど、犬の心が安定する方法を考えてみて下さい。

️まとめ

メス犬、去勢済みのオス犬は恐怖心が強い傾向にあるようです。

室内で過ごしている場合、雷や花火は雨戸・カーテンを閉めておくことで、ある程度の音は遮断できます。

パニックになって逃げ出す犬がいるので、ドアや窓は施錠しておいて下さい。

怖がりの度合いはそれぞれですが、飼い主は過剰に反応せず、いつも通りに接することを心がけて下さい。

獣医師やプロの訓練士にも相談しながら、少しずつ恐怖を克服していきましょう。

【関連記事】

おすすめの記事