Yahoo! JAPAN

釣り未経験者でも分かる:フカセ釣りのキホン 1回の釣行費用はいくら?

TSURINEWS

磯フカセ釣りの様子(撮影:TSURINEWS関西編集部)

「フカセ釣り」という言葉は聞くけど、どんな釣り方なのかよく知らない人も多いのでは?今回は初心者にもわかるように、磯や波止で楽しむフカセ釣りについて解説しましょう。

フカセ釣りってどんな釣り?

まずはフカセ釣りがどんな釣りなのかを紹介します。

どんなタックルを使うの?

基本5m前後の1~1.5号のサオを使用し、リールは3号のミチイトを150m巻けるクラスを使用します。ウキ下を魚の捕食するタナに合わせた1本バリ仕掛けを使用。ウキなどは円錐ウキ、棒ウキなどいろいろありますが、イトがらみなどのトラブルを考えれば、中通しの円錐ウキを使用するのが、入門者には無難でしょう。

どんな仕掛けで釣るの?

仕掛けを作るのもさほど難しいことではなく、ミチイトとハリスの直結、ハリの結びを覚えれば問題なく釣りができます。基本フカセ釣りの仕掛けはシンプルなものなので、初心者には持ってこいの釣りだと思います。

どんなエサを使うの?

エサはさしエサ(ハリに付ける魚に食わせるエサ)、まきエサ(魚を寄せるエサ)ともにオキアミを使用します。まきエサに関しては、オキアミにパン粉などを混ぜ合わせて、エサのまとまりをよくすることで遠投できるようにし、遠いポイントに対応します。

私が愛用しているエサ類(撮影:TSURINEWS関西編集部)

どうやって釣るの?

まきエサをまいて、それに合わせるように仕掛けを振り込んで、さしエサとまきエサの同調を意識しながら、潮に乗せて流していく感じです。要はまきエサの中にさしエサを紛れ込ませて、カモフラージュする感覚です。

どんな場所で釣るの?

フカセ釣りのポイントは、磯・波止がメインですが、船から釣らせてくれる船宿もあります。

歩いてアクセスできる地磯もありますが、急な天候の変化や足元が悪かったりするので、慣れないうちは渡船を利用して行くのが安全です。船長に狙いたい魚種などを伝えれば、磯の地形や魚の付き場、狙い場所などを親切に教えてくれるはずです。

一級ポイントを独り占め(撮影:TSURINEWS関西編集部)

波止

波止釣りでも十分フカセ釣りを楽しめますが、競争率も結構高く他の釣り人と十分なスペースを取れないこともあるので、行く前に情報招集が必要です。釣りエサ店などで聞くと、思わぬ情報が聞けることも多々あります。

どんな魚が釣れるの?

続いて、フカセ釣りで釣れる魚を紹介します。

代表的なターゲット

フカセ釣りで狙う魚といえばグレ、チヌ(クロダイ)などが代表的で、これらの魚種は年間通じて狙えます。

グレの場合、ゴールデンウイークから梅雨時期、秋から初冬にかけての水温がまだ高い時期は数釣り。寒グレと呼ばれる、真冬の低水温時期には良型のグレが狙えます。初心者には特に秋ごろが狙い目です。少し型は小さいですが数が釣れる入門にはもってこいの時期となります。

チヌも年間通じて狙えますが、筆者としては断然乗っ込み時期の「大型のチヌ釣り」が面白いと思います。チヌの乗っ込みは3~4月にかけてなので、まだ水温も低くエサ取りも少なくじっくりと狙えます。初心者の方でも年無しレベルの大型のチヌが釣れる可能性が高いと思います。

秋から春にかけてはグレが面白い(撮影:TSURINEWS関西編集部)

メインのグレ、チヌ以外の魚

もちろん、上記以外の魚も期待できます。イサギ、マダイ、カワハギ、アジ、アイゴ、サバ、青物といった嬉しいゲストに、場所によってはシマアジやイシダイ、カツオなどといった高級魚が釣れることもあります。

嬉しいゲストもヒットする(撮影:TSURINEWS関西編集部)

予算はどれくらい?

釣行費用は行く場所にもよりますが、紀伊半島で考えると、渡船代が3500~5500円。エサ代は3500~5000円程です。ここでのエサ代はオキアミ3kg3枚の計算ですが、初心者の方は合計9kgも使用しないかもしれません。

消耗品は針、ウキなどですが最初から高額なものは必要ないと思います。釣り具店やエサ店で聞けばおすすめを教えてくれるはずです。

フカセ釣りってお金がかかる…というイメージがあるかもしれませんが、沖の一級ポイントをほぼ一人占めできて、一日のんびり楽しめることを考えれば、そう高くもないような気がします。

フカセ釣りの魅力

最後に筆者が思う「フカセ釣りの魅力」を紹介します。

ゲーム性が高く奥が深い

フカセ釣りは基本シンプルな仕掛けで簡単にできる釣りなのですが、やればやるほど奥が深くなっていきます。「潮がこう流れているから、まきエサはあそこに打って、仕掛けはここに入れて」など、考えながら釣りを組み立てていくのは非常に楽しいです。

そして、条件が悪くなれば悪くなるほど、釣れた1匹がすごくうれしく感じます。このゲーム性の高さこそが、フカセ釣り第一の魅力だと思います。

多彩なターゲットが狙える

また、グレやチヌを狙っていて違う魚が釣れてくることも多々あります。マダイ、イシダイ、イサギ(イサキ)など、本命ではないけれど「やったー!」と思う魚が結構釣れることもフカセ釣りの魅力です。反対にあまり嬉しくない外道が釣れることもありますが、やはり釣りは魚が掛からないとつまらないので、外道の引きでも味わえるだけいいと思って下さい。

ある日の釣果(撮影:TSURINEWS関西編集部)

<岩橋稔/TSURINEWS・WEBライター>

The post釣り未経験者でも分かる:フカセ釣りのキホン 1回の釣行費用はいくら?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事