Yahoo! JAPAN

コロナ禍の在宅医療とは 現役医師が講演〈三浦市〉

タウンニュース

市内の医師が健康や医療について講演する「みうらのお医者さんと話そう」が、12月22日(水)に三浦合同庁舎4階で行われる。参加無料。

今回のテーマは「変わりゆく在宅医療〜コロナ禍での在宅医療と家族支援〜」。新型コロナウイルスの感染拡大で在宅医療を取り巻く環境も変化するなか、患者やその家族にどのような対応、支援をしているか、こだまクリニック(小網代)の兒玉末医師が解説する。

時間は午後2時から3時(1時30分受付開始)。定員先着50人、事前申し込み。12月21日(火)までに健康づくり課へ電話で申し込む。

詳細は同課【電話】046・882・1111(内線371/372)

【関連記事】

おすすめの記事