Yahoo! JAPAN

ラッパーのぜったくん、3歳の頃に親に命じられて手書きのノートにポケモン図鑑を作っていた

TBSラジオ

「ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ」ゲスト:ぜったくん

TBSラジオ「ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ」毎週木曜よる9時から放送中!

▼リモート収録中のぜったくん

■グランド・セフト・オートは英語のリスニングの勉強になる

「マイゲーム・マイライフ」のゲストにラッパーのぜったくんさんがやってきました。いわゆる「さかなクン」的な、「くん」も含めての芸名ですが、「ぜったくんさん」だとどうにも居心地が悪いので、以降は「ぜったくん」と書かせていただきます。「アフター6ジャンクション」のほうでもおなじみのぜったくん。ゲームのほうはかなり“英才教育”を受けてきたようで……。

ぜったくん「最初にやったのが、3歳の頃に親が買ってたゲームボーイで、ポケモンの緑と赤なんですよ」

宇多丸「うんうん。3歳」

ぜったくん「それがおそらく最初の出会いだったんですけど、その頃のやってた記憶とかはあんまりなくて」

宇多丸「そうだよね。3歳じゃあね」

ぜったくん「そう、で、親がすごいポケモン好きだったんで。ポケモンの図鑑を……、手書きのノートに、図鑑を作れって言われて。図鑑を親に作らされて鳴き声も全部覚えさせられた記憶だけあります」

宇多丸「……作らされた?(笑)じゃあそれがなんか、教育の一貫だったんですかね。字を覚えさせるとか絵を描かせるとか」

ぜったくん「あー、そうだったのかもしれないですね。今、思えば」

宇多丸「そんなに親御さんポケモン好きなんだ」

ぜったくん「緑と赤、両方持ってて。2つなんで持ってるんだろうって思ったら、2個で交換して、図鑑を完成させるみたいなことをやってましたけど」

宇多丸「家庭環境として普通にあったってことですよね。強制ゲーム人生っていうか」

こうして何不自由なくゲームをして育ったぜったくん。過去のゲストの傾向として、子どもの頃に制限された人のほうが大人になって廃人級にゲームをするようになる、という説もありますが、ぜったくんの場合は子どもの頃からずっと途切れることなくゲーム三昧のようです。

そして、ぜったくんにとって初めてのオープンワールドだったという「グランド・セフト・オート:リバティーシティ・ストーリーズ」の話題に。

ぜったくん「これやってると(友達の間で)イケてるぜ、みたいなのもあって。みんな持ってる感じでしたね」

宇多丸「いやー、いい世代だねぇ! いいのかなぁ? でもいい世代だよ、本当に」

ぜったくん「いいのか、悪いのか(笑)」

宇多丸「いやー、超最高でしょう! 中学の頃にあったらこんなのねぇ、もう楽しいなぁ~! 人生楽しいなぁ~!」

ぜったくん「そう、人生楽しいんですよ。しかもこれの中で流れるラジオがあるじゃないですか。これで洋楽を知りました」

宇多丸「洋楽だし、ヒップホップが本当すごい」

ぜったくん「そうマジでチャンネルをヒップホップにずっと合わせ続けて、こんなのあるんだ、みたいな」

宇多丸「じゃあStretch Armstrong聞いてたんだ、ずっと」

ぜったくん「そうそう(笑)」

宇多丸「これもうニューヨークで暮らしてるのと同じことだからね、これ」

ぜったくん「マジでリバティーシティの住人ですね」

宇多丸「もう普通にニューヨークネイティブとしてヒップホップ聞きまくったのと同じだよ、それは」

ぜったくん「間違いないですね」

宇多丸「じゃあ、それで音楽とかも色々なの知れるし」

ぜったくん「そうそうそうそう。本当、暮らしてたも同然です、本当に。リバティーシティの中で」

宇多丸「いやー、いいな。俺たぶん、ぜったくんの親御さんと同じくらいの歳だけど、喜び方がぜったくんと同じ(笑)。でも、ある意味ね、ラッパートラックメイカーになっていくぜったくんのね、ひとつの元と言っても過言じゃないよね、これ」

ぜったくん「これがもう基盤になってます。(中略)受験のときにこれをリスニングって呼んでましたから」

宇多丸「リスニング! 英語ね! 確かに、確かに。リスニングになるんじゃね? なると思うよ。俺、ラップすごい聞いてるからリスニング強いんだと思うんだよね、間違いなく。(中略)ということでね、ゲームの、ヒップホップは受験にいい、と」

ほかにも、オンラインで海外の人と遊ぶことで英語を学んだなど、勉強にもなり、今の仕事にも繋がり、とゲーム経験をうまく活用している度合いでいえば過去イチのような気がします。ただ、ぜったくんが熱中してきたゲームのほとんどが洋ゲーであるのに対し、実はゲーム人生のルーツは「親に無理に書かされたポケモン図鑑」だと思うと、ジワジワきます。

■今回のピックアップ・フレーズ

(高校生の頃にクラスメイト達と「CoD:MW2」にハマったぜったくん)

ぜったくん「ホームルームが終わった瞬間に帰って、誰が一番最初にPS3にログインするかっていう、本当に意味のない戦いを(笑)」

文/朝井麻由美(ライター、コラムニスト)

◆2月4日放送分より 番組名:TBSラジオ「ライムスター宇多丸とマイゲーム・マイライフ」

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 新大阪―鹿児島中央で新幹線貨客混載輸送、車内販売準備スペースに荷物

    鉄道チャンネル
  2. 【宮永篤史の駄菓子屋探訪13】北海道千歳市「だがしやわきさか」“夢ノート”や店中に子どもたちの書き込みがあふれる店

    TABIZINE
  3. 【新発田市】イチジクを使ったオリジナルメニューを菓子店やベーカリーで提供

    日刊にいがたWEBタウン情報
  4. 透色ドロップ 見並里穂、毎日月見バーガー生活が話題に「何日連続で食べる予定?(笑)」「俺も食べたー!」

    Pop’n’Roll
  5. 堀ちえみ、毎日トイレ掃除をする理由「とても神聖な場所だと思って」

    Ameba News
  6. 宮崎謙介、妻・金子恵美と30分のランチデート「美味しいのなんの」

    Ameba News
  7. 花田虎上、自宅で家族とバーベキューを堪能「もちろん焼き係は私」

    Ameba News
  8. ちびキャラ「十二国記」カレンダー可愛い!ポストカードとしても使えるよ~。

    東京バーゲンマニア
  9. 小田原市 民間提案制度 対象を拡大 柔軟な発想 まちづくりへ〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

    タウンニュース
  10. キリンビバレッジ 新「紅茶・生茶」プレゼント 1箱(24本入)読者10人に〈多摩市〉

    タウンニュース