Yahoo! JAPAN

帝国喫茶、『まちあわせ -EP』を6月にタワーレコード店舗限定で販売決定 「じゃなくて」の先行配信が開始&MVを公開

SPICE

帝国喫茶

帝国喫茶が、6月1日に『まちあわせ -EP』をタワーレコード店舗限定にてリリースすることが決定した。

帝国喫茶は、2020年夏、大学の学園祭に出る為だけに関西大学軽音楽部で一緒だった杉浦祐輝(Gt/Vo)、疋田耀(Ba)、杉崎拓斗(Dr)を中心に結成。コロナ禍で学園祭は中止になったものの、手応えを感じていた杉浦はバンドを存続させる。そして、2020年10月「夜に叶えて」、2021年6月「カレンダー」、2021年8月「貴方日和」とYouTubeにMVを公開。

また、2021年夏には、タワーレコードのバイヤーがインディーズアーティスト登録サイト「Eggs」から新人発掘をして紹介する「Eggsレコメン!」で、音源のリリースは無く、ライブを一度も行なっていない状態にも関わらず選出される。2021年8月には初ライブを行ない、同年10月には4曲入り初音源『開店』を自主リリース。タワーレコード店内の人気コーナー「タワクル」の東京名古屋大阪で1位を獲得。現在は新メンバーのアクリ(Gt)も加入して、4人で活動。若者特有の初期衝動と疾走感を持ち合わせたポップなロックンロールを鳴らしながら、ライブと新曲制作に励んでいる。

『まちあわせ -EP』

『まちあわせ -EP』は、弾けるように頭から歌い出す流れも含めて、駆け抜けていく疾走感のある作品に。1曲目にふさわしい「じゃなくて」、続く「燦然と輝くとは」も真っ直ぐな性急さを感じるも、「命捨てたロックスターに捧ぐ」という歌詞では刹那も感じさせるという。伸びやかな歌い声が沁みるミディアムテンポの「and i」は、間奏からの突然なテンポアップが印象的で、ラストの「心の窓辺」は、北欧を感じさせるメロディーに歌謡曲テイストも入る不思議なナンバーとなっているとのこと。アートワークとイラストはアクリ(Gt)が担当。

同作の中から、本日・4月20日(水)より「じゃなくて」が配信開始となった。ミュージックビデオは、フカツマサカズ監督で青春感やエモさなど帝国喫茶を語る上で必要な要素が詰まった作品に仕上がっているとのこと。

【関連記事】

おすすめの記事