Yahoo! JAPAN

犬が飼い主に『触れてほしい』と言っている時のサイン5選

わんちゃんホンポ

犬は飼い主に触ってもらうことで幸せを感じる♡

犬は飼い主とスキンシップをとることが大好きです。大好きな飼い主さんに撫でてもらったり。ブラッシングをしてもらったり、声をかけてもらうことで、幸せホルモンが分泌され、幸福度が上がると言われています。

また、幸せを感じることでストレスが緩和され長生きの秘訣にもなるというので、愛犬とのスキンシップは健康にも直結する重要な日課と言えるでしょう。

犬が飼い主に「触れてほしい」と言っている時のサイン5選

飼い主に触ってもらうことが大好きな犬たちは、飼い主に「触れてほしい」と思っている時、あるサインを出しています。ここでは、犬が飼い主に触れてほしいと言っている時のサインを5つ紹介するので、このようなサインが見られたら積極的にスキンシップを取りましょう。

1.頭をスリスリとこすりつける

愛犬が隣にやってきて、頭や体を飼い主にスリスリとこすりつけるような行動を見せることはありませんか。これは頭や体を直接こすりつけることで「撫でて〜」と甘えているサインです。

飼い主にかまってもらいたいがために、自ら頭や体をこすりつけてスキンシップを図っていると考えると、なんとも愛らしい仕草ですよね!ぜひ撫でたりブラッシングをしてあげたり、様々なスキンシップをとってあげてください。

2.前足でちょんちょんと合図する

隣にやってきて、飼い主に前足でちょんちょんと触れてくる行動もよく見られますよね。これも「かまってください」という犬なりの合図です。

中にはちょんちょんと突くだけでなく、前足で強引に「触ってよ!」というようにグイグイと飼い主の腕や手を自分の方へと引き寄せる行動を見せる犬もいます。なかなかかまってくれない飼い主に痺れを切らしての行動であることが多いので、愛犬とだけ向き合うスキンシップタイムを設けましょう。

3.膝の上やお腹の上に乗ってくる

甘えん坊な犬によく見られる「触れてほしい」サインに、飼い主の膝の上やお腹の上に直接乗ってくる行動があります。

飼い主の膝の上やお腹の上に乗ることで、飼い主は撫でたり触ったりせざるを得ません。それを理解しているため、わざわざ飼い主の膝の上に乗ってくるのでしょう。

また、飼い主の膝の上やお腹の上に乗ることで、飼い主の体温を自らのお腹から直接感じることができます。飼い主の体温を感じることで、犬は安心感を得ることができるので、落ち着いて休みたい時にもこのような行動を見せることがあります。

4.激しめに顔をペロペロと舐めてくる

優しくぺろぺろと舐めてくるときは「大好きだよ」などの愛情表現を伝えていることが多いですが、激しく強引にぺろぺろと舐めてくる場合は「かまって!」「触れて!」という催促であることが多いです。

犬にとって顔を舐める行為は、母犬に甘える行動に等しいと考えられています。そのため、子供がお母さんに甘えるような気持ちで「触れてほしい」と言っているのでしょう。

5.目の前にやってきてゴロンと仰向けになる

トコトコと飼い主の眼の前までやってきたと思ったら、突然ゴロンとお腹を見せるように仰向けになることはありませんか。これは「お腹を撫でてください」「かまってほしいです」というサインです。

犬にとってお腹は急所なので、基本的に信頼している相手にしか見せません。お腹を見せてまでかまってほしいということは、よほど飼い主さんのことが好きなのでしょう。

しかし、散歩中に出会った犬や家を訪問してきた知らない人相手にもお腹を見せることがあります。これは「こちらに敵意はありません。安心して」という意思表示でもあります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。犬が飼い主に触れてほしいと思っているとき、今回紹介したような行動が見られます。もしも愛犬が紹介したような行動を見せている場合は、ぜひスキンシップタイムに切り替えてあげましょう。

【関連記事】

おすすめの記事