Yahoo! JAPAN

HPVワクチン キャッチアップ接種実施へ 8月中にも通知送付〈茅ヶ崎市〉

タウンニュース

キャッチアップ接種実施へ

子宮頸がんを予防するHPVワクチンの接種について、国は今年4月から「積極的勧奨」を再開した。これ受けて茅ヶ崎市でも対象となる人への呼びかけを始めている。また、勧奨が控えられていた間に機会を逃した人に向けた「キャッチアップ接種」も実施する予定で、市は8月中にも通知を発送する。

子宮頸がんは全国で毎年1・1万人がかかり、約2900人が亡くなっているほか、がん治療のために子宮を失う人も年間1000人に上るとされる。

その原因はヒトパピローマウイルス(HPV)への感染で、主に性的接触によって起こり、女性の多くが一生に一度は感染すると言われる。

HPVワクチンは子宮頸がんを起こしやすいタイプのウイルスへの感染を防ぐもので、間隔をあけて3回の接種が必要。現在、世界110カ国で公的接種に位置付けられ、イギリスやオーストラリアでの接種率は8割に達している。

日本でも2009年12月にワクチンが承認されたが、接種が始まるとさまざまな「副反応」が報告されたことから、国は13年から21年にかけて積極的な接種の呼びかけを中止していた。

その後の調査の結果、「安全性について特段の懸念が認められず、接種による有効性が副反応によるリスクを上回る」として、国は今年4月からの積極的勧奨の再開を決めた。

これを受けて、茅ヶ崎市でもHPVワクチンの定期接種を再開。今年度の対象者(小学6年生から高校1年生相当)への通知を始めている。

対象は約8千人

ただ、2016年度の接種率が0・3%にとどまるなど、勧奨が控えられていた期間に通常の接種対象だったものの、接種の機会を逃した人も多いことから、1997年度から2005年度に生まれた女性で、過去にHPVワクチンを3回接種していない人を対象に「キャッチアップ接種」を行うことになった。

市によれば対象者は今年4月時点で8130人。その9割以上が1回もワクチンを接種していないと見られるという。

これらの対象者は25年3月までの3年間、公費でワクチン接種を受けることができる。

市は、現在開会中の市議会定例会に関係する補正予算案(5589万6千円)を提出中で、可決され次第、パンフレットや案内など勧奨通知の送付を進める予定。

市健康増進課では「8月中には通知を送付できる見込み。ワクチンはより若い年代で接種した方が効果が高いとされている。接種そのものはあくまでも個人の意思だが、機会の平等はしっかりと確保していきたい」と話している。

問い合わせは健康増進課【電話】0467・38・3313へ。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 夏に涼しさを感じられる!? 「グルメ&おでかけスポット」4選

    anna(アンナ)
  2. 北海道の人気観光列車「富良野・美瑛ノロッコ号」8月後半も運転、オクハテ510やDE15ディーゼル機関車で風と音を感じながら行くシアワセ絶景時間! 青春18きっぷでも乗れる

    鉄道チャンネル
  3. 2022年6月11日オープン No.CAFE

    京都速報
  4. 【ライブレポート】STU48、新公演「花は誰のもの?」東京開催でファンを魅了!

    WWSチャンネル
  5. <テストの点が悪い子ども>娘と親は別人格……。自分の人生を楽しむ大切さに気づいた私【まんが】

    ママスタセレクト
  6. 青春18きっぷで大阪から群馬へ、D51 498 蒸気機関車の SLぐんま みなかみ に会いに! 373系ホームライナーか、もとセントラルライナーに乗るか

    鉄道チャンネル
  7. 友達が欲しかった? カメを口にくわえて連れてくる愛犬に飼い主困惑(米)

    Techinsight
  8. <誰の子ども?>旦那が保育園や健診に一切関心なし!疲れたママが本当に求めていることは

    ママスタセレクト
  9. 4年ぶり全国大会へ ソフトボール・百合が丘フェニックス

    伊賀タウン情報YOU
  10. ニッポン放送『櫻坂46 こちら有楽町星空放送局』公開収録イベント開催!井上梨名、守屋麗奈、山﨑天ら出演

    Pop’n’Roll