Yahoo! JAPAN

【ポケモンGO】バッテリーセーバーってどんな機能?メリット・デメリットもあわせて解説!

攻略大百科

ポケモンGOをプレイする上で、必ずといっていいほど直面するのがバッテリーの問題。

フル充電が完了していても、集中して遊んでいるとあっという間に電池切れ目前…なんていうことも頻繁に起こります。

そんなときにおすすめなのが「バッテリーセーバー」機能。

今回はそんなバッテリーセーバー機能について解説していきます。

バッテリーセーバーとは?

バッテリーセーバーとは、その名の通りバッテリーをセーブする機能のことです。

バッテリーセーバーの設定

バッテリーセーバーのオン/オフを切り替える方法をご紹介します。

メインメニューから「設定」画面を開きましょう。

バッテリーセーバーをオンにする場合は「設定」画面の欄にある「バッテリーセーバー」にチェックを入れましょう。

〇にチェックマークが付けば、バッテリーセーバーはオンになっています。

バッテリーセーバーがオンの状態でスマートフォンの上部が下部よりも地面側に傾いていると、このような画面に切り替わります。

(※スマートフォンの上部を真下に向けると確実に発動します。)

なお、この画面の状態でも、「バイブレーション」機能をオンにしていれば、通常時と同じように野生のポケモンが出現すればスマートフォンが振動しますし、歩行距離もカウントされます。

バッテリーセーバーのメリットとデメリット

メリット

バッテリーセーバーを使用する1番のメリットとは、歩きスマホを減らせることにあります。

たとえばポケットやカバンにスマートフォンを入れていても、ポケモンが出現すればバイブレーションで教えてもらえます。

バッテリーセーバー機能を使用することで、バッテリーの消費を抑えつつ、より安全にポケモンGOをプレイすることができますね。

歩きスマホは非常に危険ですので、絶対に止めましょう。

デメリット

バッテリーセーバーという名の機能ではありますが、この機能をオンにしても劇的にバッテリーが節約できるというこわけではありません。

せいぜい気休め程度といったところでしょう。

バッテリーの消耗が心配という方は、モバイルバッテリーを使用するか、ポケモンGOのオフィシャルスポンサーであるChargeSPOTを利用するようにしましょう。

ChargeSPOTについて解説

「ChargeSPOT」がポケモンGOのポケストップに!急な充電切れもOK!

本記事の内容は攻略大百科編集部が独自に調査し作成したものです。
記事内で引用しているゲームの名称、画像、文章の著作権や商標その他の知的財産権は、各ゲームの提供元企業に帰属します。

©2020 Niantic Inc. ©2020 Pokémon. ©1995-2020 Nintendo/Creatures Inc. /GAME FREAK inc. 
ポケモン・Pokémonは任天堂・クリーチャーズ・ゲームフリークの登録商標です。

【関連記事】

おすすめの記事