Yahoo! JAPAN

ドン小西が吠えた!!!史上最低の五輪開会式!その犯人は誰だ!!

SEVENTIE

意外にも地味な服装だった小池百合子東京都知事と大ウケだったピクトグラムのパフォーマー

しかし、日本のユニフォームはひどいもんだったね。50何年も前の東京オリンピックの上と下ひっくり返っただけと言うようなイメージだよね。自然や想像力のないズルい作り手がよく言う「着心地」や「快適さ」が売りの素材を使って「今うちの量販店で一番売れてます」みたいなシルエットで作った上下。とどのつまりは山を3つに折ったポケットチーフがポイントだから見るからに軽薄だよな。大衆紳士服量販店の安っぽいトレンドをつなぎ合わせたユニフォームだった。正直こんなものが日本のまた世界の歴史に残ると困るような駄物だ。

しかしだよ、提供している先に罪はないようにも思う。世の中には二流も三流もいるし、外にはちょっと出せない程、感覚の悪いデザイナーもいる。問題は誰がそれを選んでいるのかにあると思うね。それは今回だけに限らず授賞式のメダルを運ぶ衣装も同じことが言えると思う。一体誰が選んでいるのかね。組織委員や選考委員なんて当事者たちは光栄に思っているんだろうけど、実はクソみたいな組織。僕も昔長年関わっていたからその様子が手に取るようにわかる。それと、あちこちでスタッフが着ていたヘンテコな完成度の低いデザインの服も気になったね。

しかし本会の電通の仕切りはダサすぎるよ。一応スローガンは、新しい時代!規制概念なんて要らない!若返りだ!古い人間には理解出来なくてもいい!!などと唱えながらも良く分かってもいない奴が中途半端に「カワった物だけ」を押し通しちゃったから専門学校の生徒作品みたいな服ばっかりになっちゃったって訳だよ。大会委員会や選考委員会は味噌も糞も分からないままにハンコウ押しちゃったって感じなんだろうな。

小池都知事は合格!?

小池さんは当たり障りのない特徴も何もない濃紺か黒のスーツ。自分が依頼したあまり話題にもならなかった市松柄のストールを首に巻いて登場といったところだね。次は国政とばかりここでの印象はあえて残さなかったのではないかね。本来なら?グリーンかなんかのバストとヒップを強調したボディーコンシャスのスーツで「あたしが都知事の小池百合子でございます!」てな出で立ちだったんだろうが・・・

【関連記事】

おすすめの記事