Yahoo! JAPAN

湾奥シーバスの美味しい個体の見分け方 釣れたら魚の口臭を嗅ぐ?

TSURINEWS

きれいなセイゴサイズ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

シーバス。一般にはスズキといわれる魚です。ルアーアングラーの言い方としては、シーバスという方が通りがいいでしょう。この魚、結構ニオイが強い魚で、特に沿岸部や河口域で釣れるものは食用には適しません。しかし、サイズによってはおいしく食べられたりします。

定番の湾奥ゲスト「シーバス」

シーバスは水質の汚染に強い魚で、工業地帯の濁った海に魚影が濃く、ソルトルアーフィッシングのターゲットとしては大人気です。筆者の印象では、海のルアー釣りを始めるにあたり、釣りの先輩たちから聞いてかシーバスをターゲットにする人も多いように思います。

確かにシーバスは楽しい釣魚です。しかし、「せっかく釣った魚なら、リリースするのではなく食べたい」と考える人にとっては、この魚は微妙です。沖の回遊個体は美味しいのですが、沿岸から釣りやすい、いわゆる居着きのシーバスは、泥臭い独特のニオイがします。泥臭い、というのでもないですね……なんというか、まさしく、「シーバスのニオイ」です。水質がよくない海の居着き個体全般にいえるものですが、悪臭に近いものがあると思います。

リリースが鉄則

ということで、釣れたシーバスはルアーアングラーにとっては、特に大きなサイズになるほど「また遊んでほしい」と思いもこめて、労わりつつのリリースが原則となっています。

カッコいい魚だけど食べるのは……(提供:TSURINEWSライター井上海生)

――と書いていて思い出したのですが、私がビギナーのころ、ボートシーバスの船に釣りの先輩と乗ったときに、「せっかくはじめて釣るなら、食えないことないから食べてみろ」とその人は平然と言ったのですが、船長には、「いや、マジでやめておけ」と止められました。結局、食べませんでした。

「食べなくて正解だったな」と思うのは、そのあと、私がチヌを釣るようになってからです。チヌもシーバスと同じようなニオイがします。ニオイをとりきれば食べられないことはないのですが、まあ、そこまでして食べる味でもありません……。

セイゴはラッキーフィッシュかも

さて。ここまでは、「え?シーバスなんてうまいじゃねえか!」と思う”食べちゃえ派”の人を敵に回すような、ずいぶんなネガティブキャンペーンをしてしまったようですが、私も限定的にシーバスを食べることはあります。それというのは、アジングの外道で釣れた40cmくらいまでのセイゴくんです。

シーバスはサイズによって呼び方がかわるのですが、まあ、大体は小さなものをセイゴと言って、70cm上くらいからシーバスと言います。同日に釣って並べて比べるとわかるのですが、大きなシーバスと小型のセイゴは、同じ魚と思えないくらい色身もニオイも違います。

きれいなセイゴ(提供:TSURINEWSライター井上海生)

実際、小型のセイゴは食べてもおいしい魚です。あまり身振りがよくない分、刺身には適しませんが、そもそも湾奥のスズキはサイズ問わず生食しない方が良いでしょう。これは淡水に近い汽水域でも、塩分濃度の高い海でも同じです。私はよく塩焼きにして食べています。

塩焼きで美味しく食べられる(提供:TSURINEWSライター井上海生)

口の中の臭いをかぐ?

食べられるかどうかは、口の中のニオイを確かめるとよいといわれます。口の中のニオイが薄ければ大丈夫です。体表のニオイは料理酒と塩揉みで簡単に落ちるのですが、身に染みついた汚染水のニオイはなかなか落ちません(というか、落とす手間が、かなり面倒です)。

食べる数だけ 他はリリース

ちなみになぜ私がセイゴを塩焼きにして食べるようになったかと言うと、たまたま釣ったセイゴくんを横で見ていたおっちゃんに、「おっ、ええ塩焼きサイズやんけ」とニッコリ言われたからです。その言葉が嬉しくて、それからはセイゴはよくお持ち帰りしています。

しかし、これからバチ抜けシーズンが本格化してきてシーバスの反応がよくなってくると必然的にセイゴサイズも増えてきます。おいしいからといって、メバルみたいにたくさん持ち帰るのはやめてあげてください。あくまでリリースメイン。食べる数だけで十分です。

<井上海生/TSURINEWSライター>

The post湾奥シーバスの美味しい個体の見分け方 釣れたら魚の口臭を嗅ぐ?first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事