Yahoo! JAPAN

「犬が苦手な人」が散歩中の犬に遭遇したときの対処法、犬飼い主さんのすべきことも

いぬのきもちWEB

お散歩する犬

飼い主さんが犬と散歩中に、犬と通行中の方の目が合ったりして驚かれてしまうこともあるかもしれません。

この記事では、「犬が苦手な人が犬に出会ったときの適切な対処法」と「犬の飼い主さんが覚えておきたい、犬が苦手な人に出会ったときの対処法」について、いぬのきもち獣医師相談室の先生が解説します。

「犬が苦手」な人が犬に遭遇したときの対処法


芝生でくつろぐ犬


ーー実際に犬を飼っている人や犬好きさんのなかにはわからない人もいるかもしれませんが、普段犬と触れ合っていない人や苦手な人は、犬にじっと見つめられたり、近寄ってきたりされるのを怖がる人もいますよね。

いぬのきもち獣医師相談室の獣医師(以下、獣医師):
「そうですね。犬のことが苦手な理由は、過去の怖い経験や『なんとなく』などさまざまだと思います。もちろん自然な感情だと思います。」

ーー犬が苦手な人が道端などで散歩中の犬と遭遇したとき、どんな対応をすればいいのでしょうか? あからさまな反応は、相手の飼い主さんを不快にさせてしまう…など気にされる方もいるかもしれません。

獣医師:
「外を歩いているときにお散歩中の犬とばったり出会ってしまったり、近づいてしまった場合、犬が苦手な人であれば戸惑うこともあるかもしれません。そのときは、犬のほうを見ないで足早にその場を立ち去っていいと思います。

残念ながら犬の飼い主さんの中には、『世の中みんなが犬好き』と信じている人もいらっしゃるかもしれません。そのため、自分の犬を他人にグイグイと歩み寄らせる人もいます」

ーーなるほど…それでは余計に恐怖を感じる人もいるかもしれませんね。

獣医師:
「世の中には犬が苦手な人もいることを伝えるためにも、『私は犬が苦手なので!』という雰囲気を示してもらってかまいません。そうすることで『この人は犬が苦手なんだな』とわかってくれる飼い主さんもいます」

ーー犬を飼っている人も、わざと犬を近づけているわけではないと思いますし、飼い主さんは、犬が苦手な人の気持ちを理解することも大切ですね。

犬飼いさんが知っておきたい! 愛犬が犬嫌いな人の前でアクションを見せたときの対処法


散歩する犬


ーー次に、犬の飼い主さんが知っておきたい対処法をお聞きしたいです。もし愛犬が犬が苦手そうな人に向かっていくようなことがあったら、どう対応するのが適切でしょうか?

獣医師:
「まず、『世の中みんなが犬好き』ではないことを理解しておくことが大切です。もしお散歩中などに愛犬が他人に近づいていきそうになったら、必ずリードを短くして自分のほうに引き寄せ、吠えたら制止するようにしましょう」

ーー相手が犬が好きなのか、苦手なのか……とっさに判断するのは難しいこともありますよね。見分けるポイントはありますか?

獣医師:
「犬が好きで触りたい人であれば微笑んでくれたり、声をかけてくたりする人もいます。。

しかし、犬から遠回りしたり、足早に立ち去ろうとする人は犬が苦手であることを察知して、離れるようにしましょう。」

愛犬を見知らぬ人に近づけるのは、リスクがあることも


お散歩する犬


獣医師:
「また、あまり意識していない飼い主さんもいるかもしれませんが、犬が好き、苦手に関わらず、愛犬を見知らぬ人に近づけることはリスクがあります。愛犬に危害を加えられる可能性もありますので、自分のそばにつけてお散歩させるほうが安心です」

ーーそうですね。いずれにしても、「世の中みんなが犬好きなわけではない」と理解しておくと、回避できるトラブルもありそうですね。飼い主さんは、ぜひ覚えておいてほしいですね!

(監修:いぬのきもち・ねこのきもち獣医師相談室 担当獣医師)
取材・文/sorami

【関連記事】

おすすめの記事