Yahoo! JAPAN

ラグジュラリーなドッグランの敷地内にある隠れたホットスポット!玄米菜食のお店「カフェむすび」とヴィーガンスイーツのお店「サロンドテリマ」【東京・新小岩】

Vegewel

「サロンドテリマ」【東京・新小岩】

JR新小岩駅南口から徒歩5分。酵素玄米が美味しい「カフェむすび」と、グルテンフリー&ヴィーガンのケーキショップ「Salon de the Rima(サロンドテリマ)」をご紹介します。

どちらも人工芝のおしゃれなドッグラン「ROYI’S CLUB TOKYO(ロイズクラブ東京)」の敷地内ですが、ワンちゃん連れでなくても大丈夫。

テラス席でも店内席でも、気軽に立ち寄って、ヘルシーなお食事やお茶が楽しめる空間です。看板犬のつむぎちゃんや親切なスタッフに迎えられて、とても気持ちが穏やかになります。

「カフェむすび」は、亀戸のドッグフレンドリーカフェ「カフェむすび」の姉妹店。酵素玄米やヴィーガン餃子に定評があるお店です。

ヴィーガンスイーツのお店「サロンドテリマ」は、江東区大島から7月に移転してきました。無農薬玄米粉を使い、できるだけオーガニック食材を使用するよう心がけているそうです。

本格的な玄米菜食とヴィーガンスイーツが、駅近のドッグラン施設内で頂けるなんて、ちょっとした穴場ですよね。

ワンちゃんの可愛さに癒されながら、ヴィーガン対応のランチとスイーツが楽しめるスポットをご紹介します。

商店街に溶け込む白壁の建物と人工芝のドッグラン

Vegewel Style


駅から続く幹線道路から、小さな商店街の通りに入るとすぐ、白タイルのゲートと“ROYI’S CLUB TOKYO”の看板が見えます。

ゲートを進み、向かって右側のドアがカフェの入口。

ドッグランの受付などもありますが、ワンちゃん同伴なし・カフェ利用のみでも大丈夫ですので、心配せず入店してください。

トレードマークの「にくきゅう」にほっこりするヴィーガンランチ2種類

Vegewel Style


ヴィーガン餃子プレートは、お肉はもちろん、ニラもニンニクも使っていません。

プレートには日替わりのデリが盛られていて、お味噌汁つきで1170円(税込1280円)。

Vegewel Style


こちらは、7月からランチセットに登場したべジカレーランチです。日替わりのカレーとデリがセットで1170円(税込1280円)。

オーナーの江原さんは、「お肉を我慢するのではなく、お肉を使わなくても美味しい!を、届けることが私の使命」と力強くおっしゃっていました。

事実、ヴィーガン餃子はお肉が好きな方にも好評だそうです。「お肉を使っていないことに気づかれていないのかも。」と笑顔で話しておられましたが、本当に風味も食感もお肉なしとは思えないクオリティでした。

どちらのプレートにも発酵発芽玄米が使われています。もっちりと柔らかく炊きあげられていて、食べ飽きません。カレーはもちろん店内手作りで、スパイスの香りが心地よく、後味も爽快でした。

ランチのあとのお楽しみ!「サロンドテリマ」のショーケースにうっとり

Vegewel Style


「サロンドテリマ」では、白砂糖・小麦粉・卵・乳製品を使わず、無農薬玄米粉をメインに使用してスイーツを作っています。また、そのほかの材料にもオーガニックのものを取り入れるよう心がけておられるとのこと。

昨年、ヴィーガンイベントで偶然このケーキに出会って以来ずっと忘れられない味でした。

Vegewel Style


今回は、「無農薬発酵甘夏のカシスオレンジケーキ」(税込770円)を頂きました。ふわりとしたスポンジに、甘夏クリームをまとわせたフルーツ感たっぷりのケーキでした。

季節ごとに旬のフルーツや素材を生かしたギルトフリーのケーキが登場します。

店主のリマさんは、もともとホテルのシェフパティシェとして活躍されていましたが、ご自身が小麦粉・卵・乳製品のアレルギーを発症。

以後、マクロビオティックを学んで研鑽を積み「アレルギーの人にも安心安全で美味しいケーキを食べてもらいたい」と、最初のお店を大島にオープンしました。

たしかにどのケーキも、味だけでなく見た目も美しく、プロのこだわりが光ります。

「食べるもので体はできている。」体験から得た共通の想い

Vegewel Style


今年2月にドッグランの経営を引き継がれた江原さん(写真右)は「食べるもので体はできている」とよくおっしゃいます。

7月に合流したリマさん(写真左)やスタッフのみなさんも含め、江原さんの周囲は食べるものによって体調の変化を体験したメンバーばかりだそうです。

もともと、お肉が大好きだった江原さんですが、周りの人の話に耳を傾け、健康問題だけでなく、地球環境や動物愛護へと知見を広げていきます。

アイデアあふれる事業家として、ドッグランや玄米菜食のお店を運営されていますが、その姿勢は柔軟です。カフェには、お肉を使ったメニューもあるので、どのような食事スタイルの方もみんなで同じテーブルを囲めます。

また、夏場は早朝にお散歩する飼い主のために、朝6時からモーニング営業をされています(春・秋は8時から)。駅への出勤の際に立ち寄るにも最適のロケーションで、地元の方々に認知されてきているそう。

江原さんは今後も、玄米菜食を広げるための拠点として、優しく情報発信をされていくことでしょう。

Vegewel Style


ドッグラン「ロイズクラブ東京」では、ワンちゃんのための様々なサービスやイベントを開催しています。利用規約も含め、詳細はHPでお確かめください。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 流行に左右されない上品なトートバッグを本屋さんで発見!見た目以上の大容量でヘビロテ確定!

    ウレぴあ総研
  2. 推し活ダイアリー♡ vol.7|「トム・エバハート展」開催中♪日本初公開&先行販売スタートの名古屋会場レポート

    日刊KELLY
  3. 【コンビニ限定×ジルスチュアート付録バッグ】細部までカワイイが詰まった感動レベルだよ~♪

    ウレぴあ総研
  4. 大阪「マーベリックコーヒー&ボイド」で自家焙煎コーヒーと華やかスイーツを満喫

    PrettyOnline
  5. 「TAMBURINS」が4つの香りのホームフレグランスラインを発表

    Dig-it[ディグ・イット]
  6. まっすぐ続く「桜カーペット」が美しい 京都の雨夜を彩った花筏に反響

    Jタウンネット
  7. ギャンブル、ゲーム、酒、スマホ...。水原一平氏の報道で注目される「依存症」とは?ストレスが多い新年度のメンタルケアとともに克服法を教えます!

    アットエス
  8. 『愛犬が死ぬ夢』を見る意味とは?状況別でわかる飼い主の精神状態や暗示について解説

    わんちゃんホンポ
  9. 猫たちが夢見る『理想の暮らし』とは?愛猫の幸せには欠かせない5つの条件

    ねこちゃんホンポ
  10. 2024年4月オープン!大粒いちごの観光農園&併設カフェーー砺波市【私と苺】 3種40分食べ放題!朝採れ完熟いちごと自家製焼き菓子たっぷりパフェも!

    nan-nan 富山の情報