Yahoo! JAPAN

解禁直後のボートヒメマス釣りで制限尾数「30尾」達成【山梨・西湖】

TSURINEWS

当日釣り上げたヒメマス(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

解禁4日目の3月23日、山梨県の西湖へヒメマス釣りに出かけた。魚探の反応を見ながら手こぎボートで各所を探り、ヒメマス30尾をキャッチした釣行をリポートする。

ヒメマス釣りの魅力

春と秋の年2回解禁され、春シーズンの漁期は、3月20日から5月31日まで。

西湖周辺略図(作図:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

ヒメマス釣りの魅力は、なんと言ってもその引きと食味。30cm足らずの魚体がオモリ40号を食い上げることもある。ほかのサケ・マス類に比べても同一サイズであればパワーはトップクラス。一方、口が弱く取り込みの際には細心の注意が必要だ。

その味は格別で、国内淡水魚のなかで、もっとも美味しいとされる。刺し身、塩焼き、フライ、天ぷらと軽めの味付けがよく合う。

西湖でヒメマス釣り

5時すぎに現地到着。気温マイナス2度で例年に比べて暖かい。受け付けのあと釣況を確認、浜辺で出船時間の6時を待つ。

情報ではタナにバラつきがあり、釣果に大きな差が出ているようだ。いつもは、経験と勘を重視するのだが、今回は魚探で群れを探していく。東岸より出舟し、時計回りでボートをこいで行く。

湖央の様子(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

開始早々良型ダブル

初音沖に反応があり、近くのブイに係留して釣り開始。仕掛けは小アジバリ5号6本。エサはイクラと紅サシを用意した。竿3本をタナ16、18、20mに仕掛けを下して様子を見る。

当日のタックル(作図:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

すると、すぐ18mの竿に食い上げるアタリ。軽くアワセを入れ、ひと呼吸おいてから引き上げると20cmと18cmのダブル。同湖にしてはまずまずのサイズだ。

そこで、仕掛けをすべて同じタナに合わせてアタリを待つと、2本の竿が同時に絞り込まれる。忙しい時間帯と暇な時間帯が交互するのがこの釣り。開始30分で16~23cm11尾と上々のスタートを切ったものの、このあとアタリが遠のいてしまう。

あちこち移動し追釣

そこで、魚探を見ながら群れを探す。漁協をすぎた辺りで反応があったので、長崎沖でボートを係留。同湖はアンカリングではなく、ブイにボートを留めるスタイル。アンカーを下した際、群れを散らすことがないし、何度も上げ下げするのは重労働。

反応は水面下10mほどの浅ダナ。2m間隔で仕掛けを下ろして様子を見る。すぐにタナ12mの竿にアタリ。3点掛けだったが、小型なのですべてリリース。次は8mの仕掛けにヒット。今度は22cmが2尾。タナ7~9mにセットするとバタバタと食ってきた。12尾キャッチし、5尾をリリース。

このあと北に向かい湖央を探ると、丸美沖で反応。浅いタナで1時間7尾。その後、物見堂沖~再び湖央と魚探を見ながら群れを探し、13時少し前に制限尾数に達したので納竿。

当日最大は25cm(提供:週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也)

最終釣果と今後の展望

釣果は、16~25cm30尾。魚探で確認した状況では、水深5~40mの広い範囲に反応がある。水深7~8mでも釣れたことから、浅ダナはヘラと断定するのは難しく、仕掛けを下してみることが重要だと思う。

ゴールデンウイーク前後の一時期は、ノベ竿で水深2~3mでも釣れることがある。今年は季節の移りが早いことから、ヒメマスも例年より早く浮いてきているのかもしれない。

<週刊つりニュース関東版APC・藤崎信也/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース関東版』2021年4月9日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post解禁直後のボートヒメマス釣りで制限尾数「30尾」達成【山梨・西湖】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事