Yahoo! JAPAN

川崎区民アンケート 防災対策に期待 ハザードマップ確認急伸〈川崎市川崎区・川崎市幸区〉

タウンニュース

川崎区は4月14日、「令和2年度川崎区区民アンケート」の調査結果を発表した。調査は外国人を含む区内在住の18歳以上の個人2000人が対象。住民基本台帳に基づき無作為で抽出し、昨年11月25日から12月10日に郵送で行い、有効回収数は1000人。有効回収率は前回比で9ポイントアップした。

区が特に力を入れるべきだと思う事業の最上位は「防災対策」(52・1%)で前回(平成29年度)より11・1ポイント増加。市政だより川崎区版で取り上げて欲しいテーマでも「防災情報」(48%)が最も高いなど、防災意識の高まりが見られた。防災の取り組みとして「非常食・飲料水の備蓄」は59・3%で前回比12・7ポイントアップ、ハザードマップの確認(自宅周辺の危険要素の把握)は57・5%で前回比41ポイントアップと大きく伸びた。

区役所ウェブサイトで公表のほか、区役所、川崎図書館、大師・田島支所などで概要版を配架。

【関連記事】

おすすめの記事