Yahoo! JAPAN

彼氏が(あ、元カノとは違うな)と気づいたこと #3「外食のときに…」

ウレぴあ総研

お付き合いする人が変われば、接し方やかける言葉も変化しますよね。

それは当たり前ではありますが、男性には、ふとした瞬間に「あ、元カノとは違うな」と気がつくことがあるのだそう。

いい意味でも悪い方向でも、男性が元カノと今の彼女との“違い”を感じた出来事について、実録エピソードで紹介します。

「元カノと今の彼女を比べたことはないのですが、今の彼女を見て『俺も見習いたい』と思ったのは、外食のときに店員さんにお礼を言うところです。

元カノと付き合っているときは、割り勘のときでも席を立つ前に彼女が自分のぶんを渡して俺がひとりで会計をしていたのですが、今の彼女はレジで一緒に払ってくれて、帰り際にお店の人に『ごちそうさまでした』と笑顔を向けるんですよね。

元カノのやり方は別にストレスじゃなくて、スムーズに支払えるからいいなと思っていましたが、今の彼女の姿を見たら自分は出るときに無言だったことに気がついて。

俺もお礼を言うようになってから、お店を出た後で『美味しかったね』『また行こうね』と言い合うのも楽しくなりました。

いい変化だなと自分では思うので、彼女にこのことをいつか話したいなと思っています」(34歳/公務員)

交際中の彼女の振る舞いを見て、元カノのとの場面を思い出す男性もいます。

どちらが良いというわけではなく、元カノの言動も受け入れていたからこそ、過去の思い出として浮かぶだけ。

今の彼女の姿に「俺もこうしよう」と思えるのは愛情と信頼があるからで、新しい楽しみ方を共有するのは幸せですよね。

こんな変化は、彼女だってうれしいのではないでしょうか。

(mimot.(ミモット)/弘田 香)

【関連記事】

おすすめの記事