Yahoo! JAPAN

バカリズムやニューヨーク屋敷も誤送金された経験 初動に温度差「ゲーセンで使いまくった」「使ったらあかん」

Techinsight

「間違えて300万円が振り込まれていた」とバカリズム

個人口座に間違って振り込まれた多額な新型コロナウイルス対策臨時特別給付金を24歳の容疑者が「ネットカジノで使い切った」という“4630万円誤送金問題”をニュースやワイドショーでこぞって取り上げている。5月22日には『ワイドナショー』(フジテレビ系)でゲストのお笑い芸人・バカリズムが過去に事務所から誤送金されたエピソードを明かせば、『アッコにおまかせ!』(TBS系)に出演したニューヨーク・屋敷裕政は相方のギャラが自分の口座に振り込まれていた経験を話した。それぞれに最初の反応が違って興味深い。

バカリズムはデビュー当時「19歳か20歳頃」に事務所から「300万円」振り込まれたという。彼は1995年にコンビ「バカリズム」を結成しているので、その当時のことだろうか。デビューしてテレビに少しずつ出始めたこともあり、舞い上がって「こんな芸能界ってちょろいんだ」と疑うこともなくATMで50万円を引き出して「でっかいゲーセンで使いまくった」という。それでも使ったのは「3000円ぐらい」だったらしい。ふと不安になって事務所に確認したところ誤送金だと分かり、使った分も含めてすぐに全額返したそうだ。

一方のニューヨーク・屋敷裕政は、MCの和田アキ子から「正直、もし誤送金が振り込まれたらどうする?」と問われて毅然とした態度で「俺は一切使わないです」と答えた。実は相方・嶋佐和也がピンの仕事をした時のギャラが屋敷の口座に間違って振り込まれたことがあり、「そんなもん使ったらあかん」と自らに言い聞かせてマネージャーに「これはたぶん嶋佐のピンのやつですよ」と連絡したそうだ。それで屋敷は、もし給付金が誤送金されたとしても「絶対に使わないことが証明されていますから」と自信をうかがわせた。

バカリズムは当初疑わずに誤送金を使ってしまった経験から、24歳の容疑者に対して呆れたように「普通、怖いっていうのが出てくるはずなのによく使えるな。その神経がすごい」とコメントしており、屋敷は「目を覚ませ!」と容疑者に訴えていた。

ちなみに『ワイドナショー』では田村淳が、そもそも誤送金のミスありきで始まった問題なのに「役所の人たちはよく、あそこまで強気で手を振り上げられるな」と首をかしげ、和田アキ子は「どっちもどっちで、山口県阿武町の脇の甘さが出ちゃってる」と指摘して行政にも釘を刺していた。

画像2枚目は『アッコにおまかせ! 2022年5月22日付Twitter「生放送、始まってます!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

【関連記事】

おすすめの記事