Yahoo! JAPAN

地域一丸で謎解き企画 寺尾小周辺 密さけ工夫〈横浜市鶴見区〉

タウンニュース

景品をもらいに来るこどもたち(上)と隠された答えを見つけた参加者の親子

白幡公園や寺尾小学校周辺の自治会、団体がコロナ禍でも子どもたちが楽しめるものをと、工夫して企画などを考えている。3月27日から4月4日までは初となる謎解きイベントを実施。期間中は350人以上が参加し、盛況となった。

様々な団体が協力

企画は、東寺尾第一、二、三、南部明朗などの周辺自治会や寺尾小学校おやじの会、白幡神社奉賛会などからなる「おいでよ白幡の森実行委員会」が主催。

コロナ禍で活動が制限されている子どもたちが楽しめるものをと、昨年から密を避けながら実施できるよう工夫し、きもだめしやハロウィーンといったイベントを行ってきた。

今回は学校の春休みに合わせ、8日間にわたり初となる謎解き企画を実施した。周知は掲示板や回覧板、子ども会の連絡網などで行った。

白幡神社は毎月行っていたカレーのふるまいなど地域向けのイベントが中止になっていることもあり、神社で何かできることをと場所の提供を積極的に提案。横浜東寺尾一郵便局も景品の提供で力を貸すなど、地域が協力しながら進めてきた。

遊んで歴史学ぶ

参加者は、配布されたクイズの書かれたマップを見ながら、白幡の森を歩いて答えを捜索。全ての謎を解き、期間中の土日に白幡神社へ行くと、お菓子などの賞品をもらうことができた。

クイズは、寺尾城の殿様である諏訪馬之助や、宝蔵院で作られた天然氷にまつわるものなど、全て地域の歴史などから出題。クイズを通して、地元のことがわかるように考案した。

4月3日には、親子連れの姿が多く見えた。なかなか答えを見つけられず、実行委員会にヒントをもらう子どもたちもいた。「問題はすぐに分かった」と歴史に詳しい子どももいた。

小学1年生の子どもと参加した東寺尾に住む母親は「子どもが家でゲームばっかりだから、こういったイベントがあると外に出る機会になって有難い」と喜んだ。

実行委員会は、「神社のお祭りなどが中止になる中、地域への関心が離れないようにという思いもあった。コロナ禍でイベント自粛が続く間は継続していく方向」とし、すでにゴールデンウィークの企画案も出ているという。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【後編:オバチャン言うとくわ、知らんけど!】オバチャン流、恋愛・結婚の極意とは! #4コマ母道場

    ママスタセレクト
  2. 進藤あまねさんがASMR朗読を初体験! 『よみほぐASMR』第9弾「白雪姫」が5月13日(木)22:00~YouTubeにて配信

    声優グランプリ
  3. フライお得帖:16歳が考案した『ティニーニンフ』を格安で自作しよう

    TSURINEWS
  4. あだち充原作のSF時代劇「虹色とうがらし」が30年の時を経て舞台化

    おたくま経済新聞
  5. 【まるでおもちゃみたい!】 箱を開けるたび “チンチラさん” が出現。 少しずつ変化する表情に♪♪

    PECO
  6. 三重県内49人感染 2人死亡 伊賀名張3人 四日市の私立高校でクラスター

    伊賀タウン情報YOU
  7. 「竹内涼真の歌に心が震える」翻訳&演出・谷賢一インタビュー【ミュージカル『17 AGAIN』】

    ウレぴあ総研
  8. 小柳ルミ子、成城石井&セブンで爆買い「巣ごもりの為の食料を」

    アメーバニュース
  9. 【5月12日プロ野球公示】西武がニール登録、川越誠司を抹消、中日ロドリゲス、日本ハム望月大希も登録

    SPAIA
  10. エリザベス女王、国会開会式で演説を行う 王配の死後初の伝統行事

    Techinsight