Yahoo! JAPAN

秋は堤防五目釣り入門に最適 代表的な3つの釣り方とマナー4ヶ条とは?

TSURINEWS

堤防釣りでキャッチしたキス(提供:週刊つりニュース中部版・編集部)

9月に入って秋の色が濃くなってきた。絶好の釣りシーズン到来だ。コロナ禍の釣りブームと言われて久しいが、今回は初めて釣りをする人に向けた秋の堤防五目釣りがテーマだ。

秋は堤防五目がイチオシ

釣りに最適なシーズンといわれる秋。その理由は気温が下がって釣り人が釣りやすくなるだけではなく、魚にとっても活動しやすい水温になってくるのが理由。特に堤防周りには、さまざまな魚が集まってくる。

まずはアジ。サビキ釣りが一般的だが、夏に釣れていた10cm未満の豆アジではなく、15cmほどの成長した小アジが釣れるようになる。時には20cmを超えるものもハリに掛かることも。

アジはサビキが一般的(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

そしてグレ。20cm前後のいわゆるコッパサイズが多いが、キュンキュンサオを絞り込む引きは釣り人を魅了すること間違いなし。もちろん食べてもおいしい。

カサゴやハタ類などの根魚も、好ターゲット。岩礁やテトラ帯などの障害物周りに生息しているため、ほんちょっぴり難易度は上がるかもしれないが、ビギナーでも十分に手にしやすいといえるだろう。

キスは主に投げ釣りや船釣りのターゲットだが、ビギナー向けのチョイ投げでも十分に狙える。特に秋は深場に落ちる前に荒食いする季節でもあるので、身近な釣り場でびっくりするような良型が出ることもある。

他にも水温がまだまだ高いこの時期は、ベラも元気だ。外道扱いされることが多いが、20cmを超えると引きはなかなかのもの。派手な見た目とは裏腹に淡泊な白身で、食べてみると意外なおいしさに驚くはずだ。ベラは種類が多く、おいしいのはキュウセンと磯ベラといわれるササノハベラ。

他にツバス(イナダ)やシオ(カンパチの幼魚)などの青物やカマスといった、回遊魚の群れに当たることもある。少し難易度は高いが、ルアーフィッシングや生きた小魚をエサにした泳がせ釣りで狙える。

おすすめは釣り公園

初めて釣りに行く人が最も頭を悩ませるのが、「どこへ行こう」ということだろう。コロナ禍の現在、感染防止のため港自体を封鎖してしまっているエリアもある。そこでまずオススメしたいのは、釣り公園とか釣り広場といわれる釣り専用の施設だ。

その名の通り、釣りをするための施設なので、釣り人のための駐車場やトイレ、自販機などが設置してある所が多い。もちろん足場は良く、安全面もばっちりだ。

安全面や利便性からもおすすめ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

中部エリアでいえば、福井県敦賀市の鞠山海釣り公園、同県おおい町の赤礁崎海釣り公園、愛知県・南知多町の豊浜釣り桟橋、同県碧南市の碧南海釣り広場、三重県・南伊勢町迫間浦の釣り公園・佐助屋、静岡県焼津市のふぃっしゅーななど。

もちろん他にも漁港や堤防など、釣り場は豊富にあるが、近年の釣りブームによってゴミの放置問題や迷惑駐車問題で、釣り人が非常に迷惑がられているエリアもある。詳しい情報が手に入らないうちは、釣り専用の施設へ釣行した方が無難だろう。

釣り道具をそろえよう

何をおいても、まずは釣り道具がなくては釣りに行けない。サオやリールはもちろん、仕掛け、クーラーボックス、救命胴衣、エサなども必須アイテムだ。

タックル図(作図:週刊つりニュース中部版 編集部)

最初はサオから。どの魚を狙うかにもよるが、万能に使える道具は2セット。まずは3.6~4.5mのノベザオだ。釣り方の項で説明するが、硬調子であればウキ釣りからサビキ釣りまで、多用途に使える。ノベザオはリールがないので、ミチイトが必要になる。1.5号を目安に50m巻きを用意したい。

もう1セットは、アオリイカを釣るときに使うエギングタックル、もしくはバスタックルだ。8ft(2.4m)前後のエギングロッドか6~7ftのバスロッドに、小型スピニングリールの組み合わせだ。

サビキ釣りはもちろん、チョイ投げにも使える万能選手。本格的なものでなくても、量販店に入門用エギングセットと銘打っているものがあるので、それで十分だ。

あると便利なフィッシュグリップ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

他に頭部を保護するキャップ、目を保護する偏光グラス、手や汗を拭くタオル、魚を入れたり飲み物を冷やすクーラーボックス。さらに魚をつかむフィッシュグリップ、手を洗うための水くみバケツ、釣った魚を生かしておくならスカリなどなど。

エサを用意しよう

エサはサビキをするなら、まきエサ用にアミエビやダンゴ釣りなどで使う配合エサ。ウキ釣りでも周囲に魚の気配がなければまきエサが有効になるので、少量でも用意した方がいいだろう。

チョイ投げのエサはゴカイ類(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

さしエサは万能ともいえるオキアミ。サイズはSかM。他にチョイ投げ用にイシゴカイかアオイソメもあると万全だ。

ウキ釣りを始めよう

波間に漂う棒ウキがスポッと吸い込まれ、サオを立てるとググッと手元に伝わる魚の引き。釣りといえば、やっぱりウキ釣りが基本中の基本……というのは言い過ぎか。磯のグレのウキフカセ、堤防のクロダイのウキフカセ、海上釣り堀の青物の泳がせ、チクッという繊細なアタリを捉えるヘラブナ釣りなど、全てウキ釣りだ。

アジなどはサビキ釣りで鈴なりも楽しいが、ウキ釣りで1匹ずつ引きを楽しみながら釣る方が釣趣があると、個人的には思っている。他にグレやベラ、メバルなども掛かるので、何が釣れるか分からない楽しみもある。

軟調子のノベザオは楽しさ倍増(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

仕掛けは、ノベザオのリリアンに結ぶだけの完全仕掛けも市販されているが、基本は仕掛け図の通り。ハリスは掛かってくる魚の大きさで太くしたり細くしたりしよう。

小アジであれば、0.4~0.6号、25cm近いグレがいる場合なら1~1.5号を入れておく。

釣りをする前にまきエサのアミエビをまくと、アジをはじめたくさんの魚が群がってくる。こうなると入れ食い間違いなし。使うエサはオキアミのS~Mサイズ。

仕掛けを振り込んでウキがナジんだら、すぐにアタリが出るはず。ウキは十分に沈み込んだタイミングで、そっとサオを立てればハリ掛かりするはずだ。

ハリに掛からないことが続けば、ハリの大きさが合っていないので小さくしてみよう。ハリスをハリに結べないなら、ハリスごと交換できるようハリス付きのハリをいくつか持っておくと便利。

サビキ釣りを始めよう

サビキ釣りとは、知っている人も多いと思うが、アミエビなどのまきエサをまいて魚を寄せ、ハリに付いたスキンなどのギミックをまきエサと間違わせて食わせる釣りだ。ターゲットは小アジや小サバ、イワシやサッパ、ヒイラギなど。

まずは仕掛けの下部に取り付けたオモリ付きのカゴに、まきエサのアミエビを入れて投入する。アジ狙いなら底まで沈めよう。小サバやイワシはアジより上層を回遊するので、こぼれたまきエサに群がる様子が堤防の上からでも目で確認できる。

チューブタイプが便利(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

カゴが着底したらイトフケを取って、大きくサオをシャクってまきエサを振り出す。このまきエサの煙幕の中にギミックの付いたハリを同調させるイメージだ。

この時期の堤防ならすぐにアタリが出るはず。水深のある堤防なら、探るタナで釣れる魚が違うので、いろいろタナを探ってみると面白い。

慣れてくれば、アタリがあっても少し待って追い食いを狙おう。掛かった魚が暴れて他のハリが激しく動き、それが誘いになってもう1匹、2匹とハリに掛かる。

チョイ投げを始めよう

エギングロッドやバスロッドで、簡単に始められるのがチョイ投げだ。ターゲットはキスをメインに、ハゼやヒイラギ、ベラ、メゴチなど。

フィールドが伊勢湾奥や三河湾奥になれば、キスに加えてハゼやセイゴもターゲットになる。今の時期のキスは落ちに入っているので、釣り場によってはムラが出ることもあるため、むしろハゼをターゲットにした方が無難かもしれない。

エサはイシゴカイをアオイソメなど、ゴカイ類で、仕掛けは市販のハゼやキスなどのチョイ投げ仕掛け、あるいは船用のキス仕掛けなど。

仕掛けは前出の図を参考にしてもらいたいが、オモリの号数は使用するサオのオモリ負荷に合わせたものを使う。

湾奥ならハゼがおすすめ(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

仕掛けを軽く投げたらオモリを着底させ、すぐにリールを2~3回巻いてテンビンとオモリを一直線になるようにする。これをしないと、仕掛けがテンビンやミチイトに巻きついてしまう。

誘い方はそのままズルズル底を引きずるだけ。時々仕掛けを止めてアタリを待つ。よほどの悪条件でない限り、すぐにアタリが出るはず。アタリが出たらすぐにアワせるのではなく、ひと呼吸待ってからサオで聞いてやり、魚の手応えがあればそのまま巻き上げよう。

必ず守ろうマナー4カ条

コロナ禍によってアウトドアブームに火がつき、同時に釣りも大人気になっている。釣り人が増えること自体は非常に喜ばしいが、同時にマナー問題も大きくクローズアップされている。

1匹ずつ釣るのもまた楽しい(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

そこでこれから釣りを始める人に向けて、釣りのマナー4カ条を記しておきたい。

ゴミは絶対に放置しない

当たり前のことだが、自分で出したゴミは必ず持ち帰るようにする。そのためには家庭用の15Lほどのゴミ袋を持参するといいだろう。ペットボトルや空き缶などは分別しておくと、帰宅してからの処理が楽だ。

またタバコを吸う人は必ず携帯灰皿を持参してほしい。

迷惑駐車は絶対NG

漁港や工業港などでは、どこに車を止めていいか分からないことも多いだろう。そんなときは地元の人に聞くか、有料パーキングがあればいったん荷物を置いて、止めに行くようにする。

生活道路に駐車することによって、地元の人の通行の妨げになったり、緊急車両の通行の邪魔になったりする。車を止める場所には細心の注意を払いたい。

今はネットが発達した時代、事前に駐車場所を調べておくのも有効だ。

立ち入り禁止の場所に入らない

釣り場によっては、釣り禁止、立ち入り禁止のポイントがある。そんな場所には絶対入らないこと。漁港などでは漁船に乗り込んで釣りをするならず者もいるとか。ここまでくると、マナー違反どころか立派な犯罪だ。

食べない魚は速やかに逃がしてやろう

釣りをしていると、ゲストと呼ばれる魚が釣れることがある。アジを狙っていてフグが釣れたり、ベラが釣れたりする。食べない魚であれば、すぐにハリを外してリリースしてやろう。間違っても堤防の上に放置するなんてことはないように。

何が釣れるか分からない楽しみがある(提供:週刊つりニュース中部版 編集部)

最後は少し堅苦しい内容になったが、それほど釣りにおけるマナー問題は深刻化している。手軽な……と銘打つ釣りが多いが、マナーを守るための準備をするのが手軽ではないのであれば、手軽な釣りなんて存在しない。

<週刊つりニュース中部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年9月17日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post秋は堤防五目釣り入門に最適 代表的な3つの釣り方とマナー4ヶ条とは?first appeared onTSURINEWS.

おすすめの記事