Yahoo! JAPAN

【高校野球地方大会】東福岡は15年ぶり、鹿児島商は27年ぶり夏へ前進

SPAIA

イメージ画像,ⒸmTaira/Shutterstock.com

戸畑は小倉東を振り切る

第104回全国高等学校野球選手権の地方大会が6日、各地で行われた。

南北海道大会では札幌大谷と札幌龍谷が地区代表決定戦に勝利。南北海道大会に出場する全16校が出揃った。

福岡大会では2007年以来の夏の甲子園を狙う東福岡が7回コールド勝ち。春夏計8回の甲子園出場経験を持つ戸畑は9-5で小倉東を振り切った。

鹿児島大会では1986年夏の甲子園ベスト4など夏13回出場を誇る鹿児島商が完封勝ちで、1995年以来27年ぶりの夏へ前進。鹿児島情報は24点を奪って大勝した。

7日は愛媛と長崎でも開幕。全国選手権大会は8月6日(土)から甲子園球場で行われる。各地方大会の結果は以下の通り。

【南北海道】
札幌大谷 12-0 札幌静修
札幌龍谷 9-1 札幌清田

【福岡】▽2回戦
輝翔館 5-3 山門
戸畑 9-5 小倉東
小倉工 11-0 東鷹
福島 6-4 三潴
福岡大若葉 6-4 三井
北九州市立 12-6 門司学園
東福岡 10-3 三池
中間 13-7 新宮
希望が丘 9-8 北九州
香住丘 2-1 筑紫台
博多 6-4 福岡常葉
北筑 8-4 直方

【大分】▽1回戦
佐伯豊南 13-3 大分西
日本文理大付 2-1 大分
別府翔青 4-0 中津北

【鹿児島】▽1回戦
奄美 7-6 種子島
鹿児島商 5-0 鹿児島南
頴娃 5-4 指宿商
鹿児島情報 24-1 古仁屋

【関連記事】
・打倒私学に燃える東筑高の最速146キロ左腕・髙﨑陽登、最後の夏に挑む
・高校野球の名門・龍谷大平安の原田英彦監督を目覚めさせた痛烈なヤジ
・新生履正社の「走塁革命」ストップ・ザ・大阪桐蔭の1番手いざ出陣

記事:SPAIA編集部

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【イ・ジョンソク】除隊後初ドラマ「ファンの方々が長い間待っていてくださった」韓国ドラマ『ビッグマウス』【会見レポ】

    ウレぴあ総研
  2. 【3COINS】バズり中の「大容量キャリーケース」が見れば見るほどすごい!キャンプの救世主だわ。

    東京バーゲンマニア
  3. 新型コロナ 上越市の205人、妙高市の17人が感染

    上越タウンジャーナル
  4. 池田エライザからの質問に田口トモロヲ答えられず「無視するという作戦を覚えました」

    Techinsight
  5. <苦労マウント>「家事は女の仕事」と言い切る実母にカチン!価値観を押し付けないでほしい

    ママスタセレクト
  6. ヒントは「ついつい取っちゃう」旅先の朝食。冷蔵庫の減らない「残りもの」を「食べたいもの」に変えるコツ

    saita
  7. 道枝駿佑 主演作をなにわ男子も鑑賞 高橋恭平は「2回目行ってくる!」

    フジテレビュー!!
  8. #2i2、天羽希純の生誕ライブを兼ねた定期公演ソールドアウト!「私たちの全力のパフォーマンスを感じてもらえたら嬉しい」

    Pop’n’Roll
  9. 9PROJECTと大衆演劇がコラボ つかこうへいの代表作『寝盗られ宗介』の特別公演を二日間限定で上演

    SPICE
  10. 「ズッキーニ」がもっとおいしくなる!とろっとろになるズッキーニの“切り方と焼き方”

    saita