Yahoo! JAPAN

真鶴『戒崎』での磯フカセ釣りで40cm超え口太メジナを手中【神奈川】

TSURINEWS

地磯で40cm超えメジナ浮上(アイキャッチ画像提供:TSURINEWSライター桂宏樹)

昨年11月、釣行の行き過ぎた影響で資金が枯渇し、12月は活動を控えていた筆者。気が付けば2024年の1月下旬。仕事のストレスも溜まっているし、我慢も限界。ちょっと気軽に真鶴でも行こうかなと考えた次第。しかし2024年最初の釣り、どうせ行くならと計画はどんどん修正され、気が付いたら真鶴戒崎の地磯に降り立っていました(全然気軽じゃない)。

真鶴の地磯「戒崎」

神奈川県の真鶴半島は昔から一級磯と呼ばれる地磯が数多くあり、戒崎はそのうちの1つになります。船を使わずに入磯することができ、連日手練れの釣り人達がメジナやイシダイ、青物にイカを狙ってこの地にやってきます。

道路側から戒崎の地磯に至るまでの道(提供:TSURINEWSライター桂宏樹)

しかしながら、傾斜のある山の斜面に岩石地帯を時にロープを使って降りていくような場所であるため、子供同伴などのファミリーフィッシングには向かない場所です。

前泊して万全でフカセ釣りに挑む

今回は前日の午後8時には釣り場近くにある宿「しょうとく丸」にチェックインし、万全を期すため23時には就寝。翌日朝8時にゆっくり起床し、釣り座に向かいます。道路から戒崎の地磯までは、山の獣道(釣り人道?)を下り、岩場を時にロープを使いながら下っていきます。

海面までの高さは干潮時約9m(提供:TSURINEWSライター桂宏樹)

一番海面から近い釣り座は先行者で埋まっていましたが、今回はこんなこともあろうかと9mのタモの柄を用意しました。

フカセ釣りタックル(提供:TSURINEWSライター桂宏樹)

これがあると、ある程度の高さまでなら釣り座を選択することが出来るようになり、真夜中に場所確保する必要性が低くなります。今回は降りてすぐ正面の場所で釣りを始めました。

ミドルクラスのタックル装備で挑んだ(提供:TSURINEWSライター桂宏樹)

肌寒い中釣り開始

撒き餌を撒いてみると、崖下足元は大量のネンブツダイがいます。彼らを避けるため、まずは沖側に仕掛けをキャストして釣り開始です。最初はネット上で出回っている深さを参考にウキ下7mの仕掛けで始めてみます。本来ならこの後状況に応じて徐々に仕掛けの棚を深くして魚の位置を探る予定でした。

今回の仕掛け、設定した棚に到達するとウキが徐々に海面下に沈む仕様なのですが、これがエサばかり取られる始末。試しに棚到達直後に回収しても餌が無いため、何かが棚到達前に餌を取っているみたいです。確認の為、徐々に仕掛けのハリスを短くして仕掛けを浅くしていきます。

併せて、針の貫通力を上げつつ重量を抑えるためにTKO4号針に変更します。10時48分頃。西からの風が強くなり仕掛けのキャストに影響が出たため、浮力そのままで飛距離を上げるMサイズに変更します。

久々に釣れた30cmの超えメジナ(提供:TSURINEWSライター桂宏樹)

11時20分頃。ウキ下5mまで短くしたとき、一瞬ですがウキがわずかに沈んだのですかさず合わせます。海面まで高さ約9mからのやり取りなので慎重に竿を操作。やり取りの末に浮いてきたのは32cm丁度のメジナ。久々の尺越えサイズがうれしい。9mぎりぎりのタモ網で崖を一段降りてゆっくり引き上げます。

メジナの群れが視認できる深さに

11時40分ごろからメジナの群れが海面から視認できる深さでぐるぐる回るようになったため、ウキ下の深さを4mまで短縮しました。仕掛けをキャストして様子を見ると、ほんの一瞬ウキは動きますが、針掛かりしない様子。餌だけが取られていきます。メジナの見えるサイズから推測する深さは間違ってなさそうなので、仕掛けの深さは変更しません。一旦針をファイングレ5号に戻してます(サイズ大型化、重量やや軽量化)。

数投の後、シュパアァン!と擬音が出そうなハリスの動きとフッキング。先ほどとは違う重みに期待を高めながらやり取りします。足元際に走ろうとしますが、リールのレバーブレーキとドラグ調整で阻みます。タモでキャッチしたら、ずっしり加わる重さでサイズに期待が上がり、せっせと手前に寄せていきます。

40.5cmのメジナ(提供:TSURINEWSライター桂宏樹)

上がってきたのは40.5cmのクチブトグレ。これは素直に嬉しくなる2024年最初の40越え良型です。クーラーボックスに水を入れ、その魚体を眺めてしばしご満悦状態になってしまいました。どれぐらい嬉しかったかというと、写真を元にカラー魚拓を発注するぐらい。笑

最後は口太グレ35cmで終了

掛けた後のやり取りに時間が掛ったためか、メジナの群れは尻尾の白が辛うじて見える深さまで潜ってしまいました。撒き餌を多めに撒いてメジナがとどまってくれるよう促します。ハリスの長さは変えず、道糸についているウキ止めを調節して、ウキ下6mで仕掛けを投入して様子を見ます。

12時40分。見ていて気持ちいい誰もが合わせられるようなウキの急速潜航。今回はゆっくり合わせます。先ほどより初動の引きは強かったのですが、スタミナは少ないのか半分ぐらいの時間で浮いてきます。上がってきたのは35cmメジナ。これも良いサイズで楽しかったのですが、このメジナを最後に13時以降にはメジナが全く姿が見えなくなってしまいます。

納竿

13時30分ごろまで、ウキ止めを調整したりして試行錯誤で探るも餌が残ったままになります。最終的にウキ下を10m程まで段階的に調整しましたが反応はなく、海の雰囲気も静かなものになりました。沖のほうでは隣の赤壁の磯から港に戻る、遠目からでも手練れと分かる釣り人達が船で通り過ぎていきます。

帰っていく方々をみて自分も満足しているうちに終わりにしようと決め、14時20分ごろ納竿。高所ゆえに四苦八苦しながら水汲みバケツで釣り座を清掃し15時には戒崎を後にしました。今回は約1年ぶりの40cm越えメジナで大満足してしまったが、次は45cmを狙いにまたここに来ようと思いつつ、真鶴を撤収しました。

魚を水槽に入れて酒を飲みながら鑑賞する(提供:TSURINEWSライター桂宏樹)

そして1週間後に再度戒崎にやってきた筆者は60cmのボラ1匹しか釣れず、けっして自分が上手になったわけではないという現実を叩きつけられるのでした笑)

<桂宏樹/TSURINEWSライター>

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 今年は“肉料理”も参戦!岡崎公園で「京都餃子大作戦withお肉」開催

    PrettyOnline
  2. 博多駅「マイング」の顔出しパネルを自宅に迎えた猛者現る 人々の顔ハメ続けて約8年、新たな居場所には仲間も

    Jタウンネット
  3. 定子と清少納言の少女漫画みたいなエピソード。『枕草子』は「春はあけぼの」だけじゃない!

    さんたつ by 散歩の達人
  4. 【公示地価2024】商業地・住宅地トップで福岡市は初の二冠。福岡県は全用途と商業地で都道府県トップ!

    フクリパ
  5. 「2nd ANNIVERSARY ららぽーと福岡」4月25日(木)〜5月6日(月・祝)に開催! 【福岡市博多区】

    フクリパ
  6. 【フォト】これが清水エスパルスの未来を担う2人だ!!北川航也と西原源樹のビューティフルゴールで仙台に勝利<J2第11節>

    アットエス
  7. あなたの幸せが遠のいてしまう…。距離を置きたい「友人の特徴」<4コマ漫画>

    saita
  8. 一斤とか秒殺だよ……。【パスコ公式】の「食パン」の食べ方が控えめに言って最高にウマい

    4MEEE
  9. 犬の前にヒーターを出していたら…寒さを凌ぐ姿が『まるで人間』のようだと154万再生「こんな座り方できるんだ」「番犬卒業で草」

    わんちゃんホンポ
  10. 朝ぬくぬくの布団を出て、外の肌寒い空気に触れた方が「幸せ」を感じられるワケ

    saita