Yahoo! JAPAN

愛犬が『よその犬と挨拶をしている』時の仕草や行動5選!注意すべきことや困った時の対処法とは

わんちゃんホンポ

よその犬と挨拶する時の仕草や行動

犬が社会化を学ぶ時、犬同士の挨拶も重要なことのひとつです。

せっかく犬同士が挨拶をしているのに引き離してしまっては勿体ない!愛犬がよその犬と挨拶する時の仕草や行動を知っておけば、お散歩もしやすいです。

ドッグランにも気軽に出かけることができます。愛犬も飼い主さんも暮らしやすいです。

1.鼻と鼻を合わせてニオイを嗅ぐ

よその犬と挨拶する時、鼻と鼻を合わせてお互いのニオイを嗅ぎ合います。

相手がどんな性格であるかはまだわからないけれど、挨拶は基本だからと「こんにちは」と言葉を交わす代わりに鼻と鼻を合わせます。

その後で、もっと相手の情報を知りたいと感じれば、体のあちこちのニオイを嗅ぐことがあります。

これ以上はニオイを嗅いでほしくないなと思えば、スッと立ち去る犬もいます。

苦手な相手だと認識した場合、あまりにもしつこくニオイを嗅ごうとする相手には、唸ったり吠えたりして威嚇することもあります。

2.お尻のニオイを嗅ぎ合う

よその犬と挨拶する時、お互いのお尻のニオイを嗅ぎ合うことがあります。

相手のお尻のニオイをそーっと嗅ぐ犬もいますし、相手のお尻に自分の鼻先をくっつけてニオイを嗅ぐ犬もいます。

犬のお尻には「肛門腺」と呼ばれる部分があって「ニオイ袋」とも呼ばれています。肛門腺からは分泌液が排出されますが、挨拶をする時にその分泌液のニオイを嗅いでいるんです。

分泌液のニオイは犬それぞれ全く違うものだそうで、犬はしっかり嗅ぎ分けて相手を認識することができるんです。

3.伏せのポーズでお尻を高く上げる

よその犬と挨拶する時、伏せのポーズをしながらお尻を高くあげることがあります。これは、相手を遊びに誘う時の仕草や行動です。

ちょっぴり緊張しながら鼻と鼻を合わせてニオイを嗅ぎ、もっとよく相手を知りたくてお尻のニオイを嗅ぎ合い、その後でお互いに好きな相手だとわかった時よくするポーズです。

4.相手より低い体勢になる

よその犬と挨拶する時、座ったり伏せるなどし、相手よりも低い体勢になることがあります。温厚で優しくフレンドリーな犬に多い挨拶の時の仕草や行動です。

また、経験が豊富な犬にもよく見られる仕草や行動でもあります。相手が緊張してしまわないように、相手が不安や恐怖を感じてしまわないように、そっと体勢を低くするのです。

そうすると、相手がニオイを嗅ぎに来やすいですし、自分の情報をより知ってもらうことができるんです。

5.体をくっつけて歩く

よその犬と挨拶する時、お互いの体をくっつけて歩いたり、そのまま走り出したりすることがあります。

何度も会ったり遊んだりしたことがあり、仲の良い犬同士がよくする仕草や行動です。

また会えたことが嬉しくて寄り添っていたいのでしょう。愛情表現のひとつでもあると思います。

よその犬と挨拶する時に注意すべきこと・困った時の対処法

挨拶をする前に…

初対面の犬同士であれば、お互いが落ち着いた状態で挨拶をさせるようにしましょう。

どちらも興奮しているとケガをしやすかったり喧嘩に発展してしまう恐れがあります。どちらか一方が興奮していてもダメです。

すぐに引き離せるようにする

とくに鼻と鼻を合わせて挨拶をしたがる時は、すぐに引き離すことができるように、リードをうんと短く持っておきましょう。

とりあえず挨拶はしたものの、嫌だった時に相手を威嚇したり攻撃してしまうことがあるからです。喧嘩に発展する前に引き離してください。

お互いの「差」に気をつける

✔体格差
✔年齢差

挨拶をする時には、この2つの差にも注意が必要です。

大型犬が超小型犬と挨拶をする時、ちょっと触れただけで相手が転んでしまい、ケガをさせてしまう恐れがあります。

足腰が弱くなった老犬に対しても同じことが言えます。鼻と鼻を合わせて挨拶をするはずが、相手がヨロヨロと転んでしまった、なんてことがあります。

お尻のニオイを嗅ぐはずが、足腰が弱くなった相手を突き飛ばしてしまった、ということもあります。

すぐに立ち去る

稀なことではありますが、「ちょっとしつこいな…」と感じる相手に出会うことがあります。

犬や飼い主に違和感がある時は、「先に行きますね~」などと言って、その場からすぐに立ち去っても構いません。犬の飼い主がお散歩中に出会った「困りごと」に多くあります。

まとめ

愛犬がよその犬と挨拶をしている時の仕草や行動の主な5つです。

✔鼻と鼻を合わせてニオイを嗅ぐ
✔お尻のニオイを嗅ぎ合う
✔伏せのポーズでお尻を高く上げる
✔相手より低い体勢になる
✔体をくっつけて歩く

社会化を学ぶためにも、お互いの犬の様子に注意しながら、積極的に挨拶ができるようにサポートしてあげてくださいね。

【関連記事】

おすすめの記事