Yahoo! JAPAN

イチゴジェラートを再販  新品種「かなこまち」を使用〈小田原市・箱根町・湯河原町・真鶴町〉

タウンニュース

イチゴジェラートを再販

神奈川県で約30年ぶりに誕生した新品種イチゴ「かなこまち」を使ったジェラートが、5月21日(土)から朝ドレファ〜ミ成田店内の「小田原牧場アイス工房成田店」で限定発売される=写真。

「かなこまち」は静岡県育成品種「紅ほっぺ」と群馬県育成品種「やよいひめ」を交配して生まれたイチゴ。県農業技術センターによると糖度が高く、酸味とのバランスが良いという。まだ収穫量が少ないため市場流通量は少なく、同センターは2023年の本格的な生産販売を目指している。

小田原市内では5農家が栽培、市はこの希少なイチゴをPRしようと、地元の農産物を使ったジェラートを手掛ける同工房に商品開発を相談、このほど「かなこまち」ジェラートが誕生した。

5月初旬開催の「オダワラデイキャンプ2022〜オープンマルシェ〜」で販売したところ、即完売。好評だったことから今回、約300個を追加販売する。午前9時半から、無くなり次第終了。

【関連記事】

おすすめの記事