Yahoo! JAPAN

【後編】「男の子が料理なんて気持ち悪くない?」ママ友の否定的な言葉に唖然!

ママスタセレクト

息子さんが料理が好きなことを話したところ、ほかのママから否定的な言葉をぶつけられたという投稿者さん。男の子が料理をするのって、そんなに変なこと? そんな疑問がわいたようですが、ほかのママたちからは別視点からのアドバイスが届きました。

子どもの趣味を積極的には話しません!なぜなら……

『ごめん、最初に思ったのはわが子の趣味を嬉々としてペラペラ話す人苦手だなと。うちの子たぶん嫌がる。マウントだと思われたのかな?』


『言い方が気にさわったんじゃない?』


『自分からベラベラ話さないよ。小学生から包丁とか火を使って料理していたけど、小学生に包丁や火を使わせるなんて危ないと批判する人はいたからね』


投稿者さんの息子さんが料理をすること自体に否定的な意見を抱いたわけではなく、もしかすると相手のママは投稿者さんの言い方にカチンときたのではないか、という推測です。投稿者さんとしてはけっして自慢しているつもりはなく、単にわが子の趣味を伝えたまでのことかもしれません。しかし相手が勝手にそれをマウントだと感じてしまうということは、ママ友間においては可能性としてありえるのかもしれません。

「男の子なんだから」という価値観はもう古い!?


一方で「男の子なんだから」という、相手のママの価値観はもう古いのではという意見も寄せられています。

『他人の価値観を押し付けないで欲しいね。ムカつくけど聞き流すよ』


『もう男とか女とかいうのが古いわ』


『男とか女とか古い価値観すぎて、相手にする必要ないわ』


男の子はスポーツをするべきと価値観を押し付けてきたママ友。男だから、あるいは女だからという考えはもう古く、聞き流してもいいのでは? とママたちは考えているようです。料理ができることもすばらしいし、スポーツができることもすばらしい。お互いの好きなことを称賛し合えるといいのですが、自分は「こうしたい!」という思いが強いほど、そうでない人を否定したくもなるのでしょうね。

子どもを応援するほうにエネルギーを注ごう

子どもの趣味をめぐって、ママたちの間に生まれたすれ違い。子どもの趣味については、誰もが否定できるものではなく、むしろ応援すべきものだと感じます。これからもどんどん料理にお菓子作りにと楽しんでほしいですよね! 一方でそれを自慢話のようにとらえてしまう人もなかにはいて、それもまたその相手の大切な価値観なのかもしれません。もしかしたらそこに一種の「うらやましさ」が隠れていることもあるような気がします。

同じ子育てをするママ同士、もちろん同じ価値観でいられたらうれしいもの。しかし同じ価値観を持てる人ばかりではありません。わが子の趣味を誰かに否定されたからといって、その趣味に傷がつくわけではないはず。「ママは応援しているよ!」という言葉が何よりもお子さんにはうれしいのではないでしょうか。

文・編集部 イラスト・松本うち

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 三重県内14人の感染確認 5日ぶり2桁  名張市の20代女性も

    伊賀タウン情報YOU
  2. <毒親を持つママ>【前編】「毒親」の実母と離れられないことで、我が子の育児にも影響が……

    ママスタセレクト
  3. <親の価値観>【前編】「主婦は入院しちゃダメ」義母と実母が大激怒!私がいけないの……?

    ママスタセレクト
  4. 自分で掃除できなさそう……。油でベトベトなキッチンの「換気扇」意外とかんたん“ラク掃除術”プロが直伝

    saita
  5. リピ確定。どんな料理にも合う漬けるだけのかんたん“手作り万能にんにく調味料”がおいしすぎる…!

    saita
  6. 藤川千愛、<JAPAN'S NEXT 渋谷JACK 2021 SUMMER>出演決定!

    Pop’n’Roll
  7. 全キャスト発表!舞台『東京リベンジャーズ』に中尾暢樹、川隅美慎、菊池修司、桜庭大翔ら

    エンタステージ
  8. 【加古川】「播磨ミニぱんまつり」が初開催!播磨地域の有名パン店や人気スイーツ店が集合♪

    兵庫県はりまエリアの地域情報サイト TANOSU
  9. 【Today’s merSNAP】今すぐマネしたい! 「メッシュトップス」をオシャレに着こなすレイヤード術

    mer
  10. シロヤ小倉店限定「ふるしゅわ台湾カステラ」新登場

    北九州ノコト