Yahoo! JAPAN

3歳までは保育園に入れずに親が育てたほうがいい?ママたちからさまざまな意見

ママスタセレクト

「子どもが3歳になるまでは母親が子育てに専念しないと子どもの成長に影響が出る」という考え方の三歳児神話。今では仕事や親の心身の問題など各家庭の事情によって、3歳前から保育園に預けている家庭も少なくないでしょう。しかしママスタコミュニティに「3歳までは親が育てたほうがいい」と思ったというママから投稿がありました。

『あるニュースをみて思ったことです。 「幼稚園に入るまでずっとワンオペで、実家も頼れず一時保育の空きもなく診断書があっても保育園に入れず、精神的にいっぱいいっぱいでした。息子に「今まででいちばん楽しかった遊びは何?」と聞いたら、「幼稚園に入る前に、ママとトミカシステムにずっとトミカを流していたでしょ。あのときすごくたのしかったよ」と。おそらく2~3歳の頃でわたしはとても辛かったんだけど、息子にとっては温かな記憶として残ってくれているんだなと思えて、救われました」 という内容でした。やっぱり3歳までは親子が一緒になって遊ぶのがいいんだと思いました』

この投稿に対してどのような意見が寄せられたのでしょうか。

子どもとの関わりは「量より質」

『別に保育園入れたからって親が一緒に遊ばないわけじゃないでしょ』

『幼稚園だろうが保育園だろうがちゃんと子育てしている人はしているし、ちゃんとしていない人はしていないよ』

『うちの子どもは保育園に行っているけど、一緒にいる時間はかなり頑張って遊んでるよ。量より質』

未就学児の子育て環境は親の事情、特に母親の働き方によって変わってくるでしょう。仕事復帰するために乳児期から保育園に入れるか、子どもを家で見て3歳から幼稚園に入れるか。しかし保育園に入園しても仕事が休みの日や朝晩などは子どもと一緒に過ごせます。3歳前に保育園に入れたとしても家ではたくさん関わって濃い時間を過ごせばいいのでは? という意見がありました。

『3歳じゃなくても、親と遊んだ記憶は幸せだよ。私は小学生のとき、お母さんが育てた野菜を一緒に収穫したことが楽しかった』

『小さい頃って親と遊ぶ時間楽しいよね』

『幼稚園に入れるまで24時間一緒だったけど、反抗期の今なんて私に感謝すらない』

お友達と上手に遊べるようになるまで、子どもは家族など一番身近な人と一緒に遊ぶことが多いでしょう。実際に今でも幼少期に親と遊んだ記憶を持っているママも。一方で3歳までずっと子どもと過ごしてきたものの、「あの頃のことなんて子どもたちは覚えていないみたい」と少し寂しがるママもいました。

他人が言うべきではない

『早くから子どもを保育園に入れて産休、育休を取ってずっと働いて着々とキャリアを積んできた友達や元同僚を見てると羨ましくなるよ』

『3歳まで一緒にいたほうがいいに決まってる。私は早くから預けたからすごく後悔した』

仕事を辞めて子育てに専念し、今はパート勤務をしているというママからは仕事を続けているママへの羨望の思いも吐露されました。一方で働くために保育園に入れたことを後悔しているママも。仕事と子育てのバランスを考えてその時々で最善の選択をしたつもりでも、何かしらの後悔や違う境遇の人を羨ましく思う気持ちを抱えるママは多いのかもしれません。

『どうして預けていた人に喧嘩売るみたいに「私はちゃんと子育てした」って主張するの?』

『「可哀想かな」と思いながらもやむなく預ける親もいる。追い詰められてる人をさらに苦しめるようなことは言うべきではない』

『そう思ってもみんながみんな3歳まで家庭保育できない社会なんだから仕方ないじゃん』

『いろんな事情の人がいるんだからそういうこと言うのってすごく意地悪だと思う』

子どもを保育園や第三者に預ける理由は、その家庭によってそれぞれです。3歳までどこにも預けずに家で見たいと思っても、それを選択できないママもいるでしょう。個々の事情がある中で「3歳まで親が育てるべき」と簡単に口にすることは人を傷つける可能性もあります。ママたちからは「そんなことは言うべきではない」と、投稿者さんを諫める意見も出ていました。

ママが決めた選択なら、間違っていないよ!

『うちは上の子は3歳から幼稚園で下の子は1歳から保育園だけど、成人した今となってはどっちでもよかったと思う』

『私も年少で入園するまで子どもと過ごしたけど、別に子どものためとかじゃなく、ただ自分が子どもと過ごしたかっただけ。うちの家庭にとってはそれが正解だった』

『3歳まで家で育てたけど、私のキャパが狭く毎日イライラしてたから保育園に入れたほうが私も子どもも幸せだと思ったよ』

その時々で最善の選択をしたと思っても後で振り返れば悔やむこともありますし、環境が違う他人を羨ましく思うこともあります。しかし親自身が悩みぬいて最善の環境を選択したはずですから、その決断を尊重してよいのではないでしょうか。 文・秋山悠紀 編集・木村亜希 イラスト・おぐまみ

【関連記事】

おすすめの記事