Yahoo! JAPAN

オリックスのドラ4「慶応の韋駄天」渡部遼人が俊足でレギュラー目指す

SPAIA

オリックスと仮契約した渡部遼人,オリックス・バファローズ提供

「将来的にはゴールデングラブ賞、盗塁王」

オリックスが今秋ドラフト4位指名した慶応大・渡部遼人外野手(22)と都内で入団交渉を行い、仮契約を結んだ。

渡部は東京都出身で桐光学園高から慶応大に進み、今年の全日本大学選手権で打率.563をマークして優勝に貢献。身長170センチと小柄だが、50メートル5秒9の俊足とシュアな打撃でレギュラーを狙う。今季は1番センターに定着した福田周平とポジションを争うことになる。

「(仮契約を終えて)プロ野球選手になるんだなという実感と、これから自分の立場をしっかり考えて行動していこうという気持ちになりました。オリックスはベテラン、若手を問わず、チームワークが素晴らしいチームという印象がありますので、その中に一日でも早く馴染めるようにやっていきたいと思っています。自分は足に自信がありますので、そういった面で、守備と走塁に重きを置いてやっていきます。将来的にはゴールデングラブ賞、盗塁王を獲得できるような選手になれるように頑張ります!」とコメント。

吉田正尚、杉本裕太郎、T-岡田ら層の厚い外野陣に割って入るか。「慶応の韋駄天」が俊足で勝負をかける。

【関連記事】
・オリックスドラ2の関大・野口智哉、強肩強打で紅林弘太郎に“宣戦布告”
・オリックス黄金時代を担う「未来の大砲」大阪桐蔭・池田陵真が仮契約
・12部門中7部門でタイトル獲得したオリックスは「黄金時代」到来か

記事:SPAIA編集部

【関連記事】

おすすめの記事