Yahoo! JAPAN

声優・俳優18名が贈る怪奇譚 朴璐美プロデュースのLAL STORY『神楽坂怪奇譚「棲」』生配信チケットの早期購入特典が決定

SPICE

神楽坂怪奇譚「棲」

朴璐美がプロデューサーを務める舞台製作チームLAL STORY(ラルストーリー)の人気演目『神楽坂怪奇譚「棲」』が、8⽉15⽇(⼟)から17⽇(⽉)までの3日間、初の“体感型⽣配信リーディング”という形で上演される。

出演は、相葉裕樹、井上和彦、伊礼彼⽅、榎⽊淳弥、緒⽅恵美、⼩野賢章、梶裕貴、⻫藤壮⾺、佐倉綾⾳、関智⼀、畠中祐、濱⽥めぐみ、早⾒沙織、福⼭潤、安原義⼈、⼭路和弘。ナビゲーターは羽佐間道夫、朴璐美。

視聴チケットは、イープラス「Streaming+(ストリーミングプラス)」にて、8⽉1⽇(⼟)10:00より発売開始。

チケット早期購入特典は【全キャストボイス入りスペシャル動画

8月5日(水)23:59までにチケットをお申込みのうえ、申込み時にご案内する支払期限までにお支払いいただいた方に、早期購入特典として、全キャストボイス入りスペシャル動画をプレゼント! 特典動画のご視聴方法は、イープラスにご登録のメールアドレスあて8月中旬頃までにメールにてお知らせいたします。
※イープラスからのメールを必ず受信できる状態にしておいてください。お客様側ご事情によりメールが受信できなかった場合でもメールの再送は行いません。

8月15日(土)

■13:00公演 <泉鏡花役>畠中祐 × <女役>伊礼彼方

8月15日(土) 13:00公演 <泉鏡花役>畠中祐 × <女役>伊礼彼方

■16:30公演 <一人二役>関智一

8月15日(土) 16:30公演 <一人二役>関智一

■20:00公演 <泉鏡花役>榎木淳弥 × <女役>小野賢章

8月15日(土) 20:00公演 <泉鏡花役>榎木淳弥 × <女役>小野賢章


8月16日(日)

■13:00公演 <泉鏡花役>佐倉綾音 × <女役>早見沙織

8月16日(日) 13:00公演 <泉鏡花役>佐倉綾音 × <女役>早見沙織

■16:30公演 <一人二役>山路和弘

8月16日(日) 16:30公演 <一人二役>山路和弘

■20:00公演 <泉鏡花役>斉藤壮馬 × <女役>福山潤

8月16日(日) 20:00公演 <泉鏡花役>斉藤壮馬 × <女役>福山潤


8月17日(月)

■13:00公演 <泉鏡花役>緒方恵美 × <女役>相葉裕樹

8月17日(月) 13:00公演 <泉鏡花役>緒方恵美 × <女役>相葉裕樹

■16:30公演 <泉鏡花役>井上和彦 × <女役>安原義人

8月17日(月) 16:30公演 <泉鏡花役>井上和彦 × <女役>安原義人

■20:00公演 <泉鏡花役>梶裕貴 × <女役>濱田めぐみ

8月17日(月) 20:00公演 <泉鏡花役>梶裕貴 × <女役>濱田めぐみ



<ナビゲーター>羽佐間道夫 朴璐美 <尺八・能管・笛生演奏>元永拓

<ナビゲーター> 羽佐間道夫、朴ロ美 <尺八・能管・笛生演奏> 元永拓


体感型朗読劇・怪奇譚シリーズは、声優界のレジェンド羽佐間道夫と、LAL STORY主宰の朴璐美の二人がタッグを組み、朗読劇の第一人者と評される劇作家・藤沢文翁が書き下ろしの脚本で贈るリーディング舞台。『神楽坂怪奇譚「棲」』は、今回が4度目の上演となる。

神楽坂怪奇譚「棲」とは

“神楽坂”・”泉鏡花”・”怪奇譚”。この3つのワードから、藤沢⽂翁が「泉鏡花」という⼈物を軸に神楽坂の闇を妖しく描き出した物語。⼣暮れ時の神楽坂−−−男の⼿を引く⼥が語る「アレ」とは…役者魂炸裂の「魂の⾳のバトル」に呑み込まれる。

神楽坂怪奇譚「棲」予告編

神楽坂怪奇譚「棲」あらすじ

陽も沈みかかった黄昏時の神楽坂
眼病を患った男が一人 石段に腰を下ろしている

男の名前は泉鏡花…​

包帯に視界を遮られ暗闇に取り残され
自分を置いてけぼりにした幇間を待っている​

…と 何かが自分の前に立っている気配がする
…「ソレ」は こちらの様子を伺っている
「ソレ」は 闇の向こうに棲んでいた
鏡花は震える声で「ソレ」に話しかける…​

決して話しかけてはならない「ソレ」に…​

【関連記事】

おすすめの記事