Yahoo! JAPAN

服を着せるべき犬種5選!寒さ対策を怠るとどうなるの?

わんちゃんホンポ

寒さに弱い犬もいます

被毛に覆われているせいか、それとも童謡『雪』の歌詞のせいか、犬は寒さに強いというイメージを持っている人は多いようです。しかし、寒さに弱い犬もいます。一般的に寒さに弱いと言われているのは

✔温暖な地域が原産の犬
✔シングルコートの犬
✔短毛種の犬
✔小型犬
✔子犬
✔老犬
✔病気の犬

などです。

寒さに弱い犬には、冬場の散歩のときなどに服を着せることが寒さ対策のひとつになります。そこで今回は『服を着せるべき犬種』と『寒さ対策を怠るとどうなるのか』についてご紹介したいと思います。

服を着せるべき犬種は?

1.チワワ

メキシコが原産のチワワは、公認されている犬種の中で最も小さい小型犬です。小型犬には寒さに弱い犬種が多いのですが、その理由は体の小ささにあります。

人や犬などの恒温動物が体温を一定に保てるのは、体内で熱を生産し、体表から熱を放出しているからです。体内の熱の生産量は体重に比例し、体表からの放熱量は体表面積に比例していると考えられています。

そして体重は体長の3乗に比例し、体表面積は体長の2乗に比例します。つまり体が小さいほど体重当たりの体表面積が大きくなり、熱が放出されやすいということです。そのため体の小さな小型犬は体温が逃げやすく、寒さに弱いのです。

小型犬の中でも最小サイズのチワワは、大変寒さに弱いと言われています。寒い季節の外出時には服を着せてあげましょう。

2.ヨークシャー・テリア

絹糸のような美しい被毛を持ち『動く宝石』と呼ばれるヨークシャー・テリアも寒さに弱く、服を着せるべき犬種です。

ヨークシャー・テリアが寒さに弱いのは、小型犬だからということもありますが、シングルコートだからということが大きいです。

犬の被毛はダブルコートか、シングルコートかに分かれます。ダブルコートの被毛はオーバーコート(上毛)とアンダーコート(下毛)の2層になっていますが、シングルコートの被毛はオーバーコートのみの1層です。

アンダーコートには保温性があり、これを持つダブルコートの犬は寒さに強く、持たないシングルコートの犬は寒さに弱い傾向にあります。

3.パグ

愛嬌のある風貌が人気のパグは短毛種です。短毛種の犬は被毛が短い分、体温が逃げてしまいやすいため寒さに弱いです。パグは小型犬でもあるので、寒い時期は洋服を着せて散歩などへ行きましょう。

ちなみにパグのように鼻先が潰れた短頭種は体温調節が苦手。そのため夏の暑さにも弱いです。

4.イタリアン・グレーハウンド

シングルコート、短毛種、小型犬と三拍子揃ったイタリアン・グレーハウンドは、言うまでもなく寒さに弱い犬種です。冬場の散歩で体調を崩してしまうこともあるので、風を通しにくい防寒着を着せましょう。

またイタリアン・グレーハウンドは、寒さによって耳が凍傷になることが少なくありません。耳を覆うスヌードも冬の散歩の必須アイテムです。

5.プードル

モコモコの毛が暖かそうで、一見寒さに強そうでなプードルですが、シングルコートのため寒さに弱いです。

体の大きさでトイ、ミニチュア、ミディアム、スタンダードの4タイプに分かれますが、どのタイプも寒さに弱いのは同じです。冬は寒さに震えないように、服を着せて外出しましょう。

寒さ対策を怠るとどうなるの?

外出時に服を着せるほかにも

✔暖かい時間帯に散歩へ行く
✔ブランケットなどを床や寝床に敷く
✔暖かい素材の犬用ベッドを用意する
✔ペット用の暖房グッズを活用する
✔暖房で部屋を暖める(室温20℃前後、湿度50%程度が目安)

といった対策をすることで、犬を寒さから守ることができます。寒さに弱い犬に、こうした寒さ対策を怠るとどうなるのでしょうか?

寒さ対策を怠ってしまうと体が冷えて、免疫機能の低下に繋がります。免疫機能が低下すると、病気になりやすくなります。また心臓や尿路系、関節系などの持病がある場合は、冷えで症状が悪化することがあるので注意が必要です。

犬は寒いとき

✔ブルブルと小刻みに震える
✔体を丸める
✔やたら人にくっつきたがる

といった様子を見せます。寒さはストレスにもなるので、愛犬が寒がっているサインを見逃さないようにしましょう。

まとめ

寒さに弱く服を着せるべき犬種は、ご紹介したほかにもたくさんいます。また寒さに強いとされている犬種でも寒がりだったり、一時的に寒がったりすることもあります。

愛犬が寒がっているときのサインを見逃さないようにして、必要に応じて服を着せたり、そのほかの寒さ対策を行ったりしてあげましょう。

なお、洋服を着せたままにすると被毛に毛玉ができやすくなったり、蒸れて皮膚のトラブルに繋がったりすることがあります。散歩などの外出時には服を着せて、暖かい室内では服を脱がすようにしたほうがいいでしょう。


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事