Yahoo! JAPAN

地域に根付いた「流通していないイモ」食育がつなぐ年の差90歳

HUB沖縄

 皆さんは「甘藷(かんしょ)」をご存じだろうか?甘藷とはサツマイモのことを指し、沖縄では琉球芋として昔から愛されてきた。葉や茎の部分も「カンダバー」として古くから沖縄の食文化を支えている。今回は沖縄に昔からある甘藷を通し、食育を行った清水麻美さんを紹介する。

30年間家族のために育てられていた甘藷

 清水さんは埼玉県出身。現在中部のこども園に勤務しながら、食育活動を行っている。

 2021年の春ごろ、同じこども園の保育士が「美味しい芋があるよ」と見たことのない白い芋を持ってきた。その甘藷は市場にあまり出回っていない甘藷で、うるま市の宮城孝信さん、御年92歳の方が30年間家族のために絶えず甘藷を育てていたものだった。

名もない甘藷

 甘藷は1605年ごろ野国総管により中国から琉球に鉢が持ち帰られたとされている。沖縄の土壌でも逞しく育ち、災害にも強く、葉まで食べられ栄養もある。そのことから食糧難に備え、畑の片隅に家族が食べる分だけの甘藷を育てていた。

 甘藷について書かれたある文献が今も清水さんの印象に残っている。とある主婦が甘藷一つずつに「これは嫁にきたときのいも」「ご近所がおいしいと言ってくれたいも」と大切に思いを込めている場面だ。文献に描かれた甘藷の正確な品種は分からないものの、甘藷一つずつに思い出や想いがあり育てられてきた歴史を知った清水さんは感銘を受けた。

 昔から受け継がれた甘藷を今も育てているのは80代後半から90代の方たちだ。戦後の時代を10代で生き抜いてきた。宮城さんが家庭で育てて来たような、名もない甘藷や他にもあるであろう昔からの作物を絶やさないため、身内や地域も含めていち早くその作物の存在に気づき受け継いでいく事が必要だ。

「一人でも多くの人に貴重な作物を見つけ出し、地域の恵みとして受け継いでほしい」と、清水さんは自身が勤務するこども園で食育の一環として育てることにした。

地域の恵みを子どもたちと育て、地域と繋がる

 早速、宮城さんから甘藷を分けてもらい、こども園に持ち帰った。昨年5月に苗を植え、10月に収穫祭を行った。また、カンダバーの様々な食べ方を園の玄関に掲示し、保護者にも見てもらうことで、家庭でも子どもたちの採ったカンダバーを使った料理が食卓に並ぶよう取り組んだ。子ども達の感動を家族で共有してもらいたいという思いがあった。

「栽培したらおじいちゃん(宮城さん)に喜んでもらえ、地域交流にもなると思っていた」と清水さん。

 地域のおじいちゃんが30年間絶えず育ててきた名もない甘藷は、地域の子ども達の食育に貢献し、間接的にでも地域間交流へと繋がった。コロナで接触が出来ない時代だからこそ、このような交流は保育施設にとっても貴重なことなのだ。

食育から学べること

 清水さんは今回、宮城さんの甘藷以外にも、紅芋や備瀬芋など様々な種類の甘藷を育てた。これには「1つ1つを見ることで、芋の違いを見てもらいたかった」という狙いがあった。

 同じ芋であっても、葉の色や育った見た目も様々。しかし同じ土地に育ち、収穫し食べてみるとどれも美味しいことから、多様性を食物から感じてもらった。

「いろんな色があって、いろんな特性がある。あなた達も同じだよね」。そう子どもたちに伝えた。

清水さんの食育との出逢い

 清水さんが初めて畑に触れたのは、埼玉で保育士として初めて5歳児を受け持つことになった時だ。5歳児クラスでは食育のため畑で作物を育てる学びがある。その地域では農業が盛んで、同じ保育園に勤める保育士のほとんどが農家の妻だった。そんな保育士の先輩から「まずは花壇で大豆を育てること」を教えてもらった。先に大豆を育てることで良い土壌ができるという。その土壌で育てた野菜は面白いほどに良くできた。

 最初に育てた大豆は収穫後、炒って2月の節分に撒く豆にすることも教えてもらった。大豆が節分に使われ、福を取り込み邪気を逃がすという意味で、「育てたものが自分たちを清めるものにもなる」と清水さんは振り返る。

 その他にも、米の稲藁は正月のしめ飾りになり、作物を育てることで年中行事の意味も知っていった。

 子ども達と何気なく行ってきた季節ごとの行事は、ほとんどが食に繋がることをそのとき学んだ。

 沖縄に移住後、畑を借りて作業を行う中で有機栽培を行う農家さんと繋がった。化学肥料や農薬を使わない農業が陸を豊かに変え、それは海の豊かさに繋がることを教えてもらった。このことをより多くの人に伝えないのかと聞くと「私は育てるのが専門で、伝えることはできない」と言われた。その言葉に清水さんは「じゃあ自分が伝えよう」と食育アドバイザーの資格を取り、子ども達に食の大切さを伝える活動を行うようになった。

食育の大切さを繋いでいく

 清水さんは2019年にも同こども園で、衣装ケースを使った稲作を行なった。稲が育つ過程の中で、害虫を食べてくれる昆虫がいたり、その昆虫を食べるカエルがいたり、そのカエルを狙う鳥がいたり、田んぼの周りで起きる食物連鎖を子どもたちと窓から覗いた。

「いらない命は1つもない。植物を見ていれば全てを教えられる」

 子どもたちに教えられることは、多様性や食物連鎖だけではない。受粉や果実が実をつけるなど植物が繁殖していく過程から、命や性の大切さを教えることができ、水をあげ育てていくことで相手を思いやる気持ちなど、さまざまなことを育むことができる。

 子ども達はもちろん、同じ保育士にも食育の大切さに気づいてもらい、さらに多くの子ども達に自分たちで食物を育てる術を学べる機会を増やしてほしいと、清水さんは感じている。

おすすめの記事

新着記事

  1. 世界とつながるKAMAISHI実現へ 和文化、スポーツ体験で国際交流―グローバルラウンジ

    かまいし情報ポータルサイト〜縁とらんす
  2. 中村倫也の風呂上がりの“ズルボディ”に柄本佑「説得力があります!」

    フジテレビュー!!
  3. 陸上競技で好記録をだす色ってどんな色?【決定版 色彩心理図鑑】

    ラブすぽ
  4. 【五泉市】『ごせん桜フェイスソープ』は五泉市の八重桜を贅沢に使用した優しい手作り石鹸です

    日刊にいがたWEBタウン情報
  5. ソファでリラックスするワンコがどう見ても裏社会のボスにしか見えない

    おたくま経済新聞
  6. とっておきの時間を!クルージングをしながら優雅にティータイム コンチェルト「船上のアフタヌーンティーセット」夏メニュー 神戸市中央区

    Kiss PRESS
  7. 3年ぶり揃って式典 消防少年団 入卒団進級式〈八王子市〉

    タウンニュース
  8. 入場無料 多彩な曲を合唱 5月21日 杜のホール〈相模原市緑区〉

    タウンニュース
  9. 足柄RC 金時山で中学生と植樹〈南足柄市・大井町・松田町・山北町・開成町〉

    タウンニュース
  10. 田植え体験の参加募集 28日、29日 大和東高校隣〈大和市〉

    タウンニュース