Yahoo! JAPAN

【食器洗い】一枚でも少なく!家事時短になる「洗い物“激減”簡単テク」5つ

ウレぴあ総研

仕事や家事、育児に忙しい毎日を過ごしていると、食事のあとの食器洗いは、なるべく少なくしたいものですよね。

筆者も食器洗いは苦手な家事の一つで、いかに洗う数を少なくするかをよく考えています。

そこで今回は、筆者がよく行っている、洗い物を激減させるコツをご紹介します。食卓の見た目も損なわず、なるべくアイテムを減らす方法ばかりです。ぜひ試してみてください。

1枚でも少なく!家事の時短になる「洗い物激減テクニック」

1:ワンプレートに盛り付ける

メインディッシュやサラダ、付け合わせなどまとめてワンプレートに盛りつければ、見た目もおしゃれなうえ、洗い物も減らすことができて一石二鳥!

筆者は、ハンバーグなど、洋風のおかずならご飯も一緒にプレートに盛り付けてしまいます。プリンのカップなどをつかってご飯を山型にすると、子どもも喜びます!

シンプルな大きめのお皿を家族分用意しておくと便利です。

ハピママ*

2:おしゃれなフライパンでそのまま食卓に出す

スキレットのフライパンや、ストウブやル・クルーゼなどの鍋はおしゃれなので、作ったらそのまま食卓に出すことができます。

洋食以外にも色々な用途で使えるので、一つあれば色々活用できるはず。

最近はプチプラなものもたくさんあるのでぜひチェックしてみてください。

3:そのまましまえる保存容器を使う

シンプルでおしゃれな保存容器は、食卓に並べても違和感がありません。残ったら蓋をしめてそのまま冷蔵庫にしまうだけ。毎回お皿に出す必要はありません。(ただし、取り箸は清潔なものを使います)

筆者がよく使っている琺瑯(ホーロー)製の容器は、直火で温めることができるので、冷蔵庫から取り出し、直火であたため、そのまま食卓に出すというように使っています。

煮物やサラダなどの副菜の保存におすすめです!

4:生ものを切るときは牛乳パックを使う

肉や魚などの生ものを切ったまな板は、汚れやにおいが気になることが多いもの。洗ってもなかなかきれいにならないこともありますよね。

そんなとき、牛乳パックを切り開いたものをいくつか用意しておけば、さっと使えてすぐに捨てられるので便利です。

牛乳パックは、切り開いたあとよく洗って、乾燥させておくと安心です。筆者は使う前に、食品にも使えるアルコールスプレーで除菌しています。

ハピママ*

5:下ごしらえはまとめて行う

野菜を下ゆでしたり、使いやすいようにカットしておいたりという作業はまとめてやっておけば、毎回の洗い物を減らせるだけでなく、調理時間の短縮にもつながります。

筆者が日常的に行っているのは、きのこ類や油揚げ、ねぎの冷凍。すべてカットして冷凍しておけば、包丁もまな板も使わず味噌汁を作ることができます。

カット野菜のように、色々な野菜を冷凍しておくと便利ですよね。

食器洗いはなかなか面倒くさい家事の一つ。できるだけ時短し、ストレスを少なくしたいものです。

ぜひ家族に合った方法を試してみてくださいね。

(ハピママ*/平野 鞠)

【関連記事】

おすすめの記事