Yahoo! JAPAN

鳴門海峡ジギングでブリ族連打 良型青物ツ抜けでクーラーは満タンに

TSURINEWS

ジギングでメジロを御用(提供:WEBライター・賀川正志)

1月4日、鳴門海峡へジギングに行ってきました。青物狙いのジギングで、ブリこそ出ませんでしたがクーラーいっぱいの釣果を得たのでリポートします。

鳴門で青物ジギング

水温が下がるこの時期、大型のハマチ系がよくなります。始まる目安となるのが水温13度前後です。例年だと12月前半に釣れ出しますが、2020年のその時期にはまだ水温が高く、まばらしか釣れていませんでした。

また、釣れた魚には寄生虫がいました。普通65cm以下のハマチだといないものですが、ツバスサイズに入っていることもありました。これは高水温とベイトが原因だと考えています。水温が下がり脂を蓄えてくると、いなくなるように思います。

年末に「水温が14度になり、釣れ出した」との情報が入り始めましたが、天候不順で中止が相継ぎ、釣行に出れない日が続いていました。

本格的に釣れだした鳴門の青物(提供:WEBライター・賀川正志)

鳴門海峡の特徴

鳴門海峡は、大まかに言うと鳴門大橋を境に紀伊水道側と瀬戸内海側とに分かれいます。そして、干満の流れで釣り場がかわります。両海域とも橋からの流れの下場がポイントとなります。

今回の釣行はどちらも行きましたが、初めて鳴門海峡への釣行を考えている方は、どちらの場所が釣れているのか?流れがどちらからなのか?を潮時表で確認するのと、遊漁船の釣行時間帯を調べてからの予約をお勧めします!

最近は「潮に合わせての出船で何時間の釣り、両潮します」というふうに釣り人に寄りそった船長も増えてきました。その半面この仕掛けでなければと強制する船もあります。情報が簡単に調べられる時代ですので、よく調べての釣行を……。

筆者のジギングタックル

ロッド:ベイジギングモデル6ftを2本
リール:カルカッタ801F、オシアジガー1501PG
PEライン:1.5号
リーダー:7号
ジグ:120~280g
フック:ジガーライトシワリ 4/0、5/0

このタックルですが、思わぬ大物のブリを掛けても取れると思っています。

まずは掛けることが大事(提供:WEBライター・賀川正志)

理由は、鳴門海峡でのボトムは根掛かりが少ないです(場所によります)。また、リールの最大ドラグ力はカルカッタで6kg、ジガーで7.5kgで、PEライン1.5号、リーダー7号より弱く、フックは4/0で14.2kg、5/0で14.5kgのためです。

何が言いたいかと言うと、オーバーパワーを強制する遊漁船があるからです。場所がら流れが強く、船が密集すると言う理由で制限されるのです。

しかし、ラインを太くすると引っ張り強度は上がりますが流れに負けます。そのため、ジグを重くしなければボトムがとれません。そして、ジグが重くなるとジグの面積も大きく(ジグの種類によります)なり、流れを受けるのも考慮がいります。もちろん身体への負担も増えるのです。

私は、まずは魚を掛けることを優先しています!掛けてからのやり取りの際は、船の密集地帯では指でスプールを押さえて調整してしのげます。

大鳴マリーナから「ゼンサ瀬」へ

1月4日の潮は、大潮の後の中潮最終日。大鳴マリーナから8時30分に出船。午前中は瀬戸内海側のゼンサ瀬(この場所は北風があると流れと風がぶつかり、波が高くなります。波高の予報はあてはまりません)。

釣り場風景(提供:WEBライター・賀川正志)

今回一緒に行ったのは、ボート所有者の篠原さん。2人での釣行です。堀越海峡を越え鳴門海峡へ出て行くと、ゼンサ瀬には船団が見えました。ポイントに近づくにつれて海峡に北風が吹き抜けているのがわかります。流れと風がぶつかり、大きな波と船の引き波が合わさって立って居られないほどです。陸と海上では大違いでした。

水深50mの場所では釣りになりません。「少し上がります」と移動するのだが、流れが速くてすぐに波高の所まで流れてしまいます。仕方なくだいぶん離れてからジグを投入!水深は83mです。

1投目からメジロ

すると、50m付近でラインが暴れてフォールでヒット!流れと魚のパワーで楽しい!が、船の反対側へ回りこまれてしまいもたついていると、波高の中まで来てしまいました。船をバックで止めてもらって、何とか上げてきたのですが、自分ですくえません。ローリングする船の上ですくってもらって、無事フィニッシュです!

次は「もう少し上がります!」と先ほどより上へ……。今度はボトムから3回ほどのリフト&フォールでヒット!先ほどよりもロッドを使わないようにリールだけで巻き上げて、時間をかけないようにします。波が低いところまででの取り込みを意識して引き上げました。

メジロをキャッチ(提供:WEBライター・賀川正志)

メジロクラスを連釣

そして、次も落としてすぐにヒット!こんなのが続き、4匹ゲットした時点で篠原さんに「釣った魚は持って帰ってよ」と言われます。気兼ねなく釣りたいので、何人かに連絡をして、貰い手を見つけてから釣りを再開しました。

7流しで7匹釣れたので、島陰に移動。潮止まりにヒラメでもと狙っていたのですが、ここでもメジロがヒットします。篠原さんもこの場所でやっとサオを出し、すぐにヒット!これもメジロでした。

釣友にもメジロ(提供:WEBライター・賀川正志)

紀伊水道側で仕切り直し

これをキャッチしたところで鳴門大橋がくぐり抜けられる流れになったので、紀伊水道側へ移動します。そして、流れが出るまで時間つぶしにあちらこちらと場所をかえていると、小さいのがヒット!何だろう?と思いながら巻き上げると、ハマチのダブル。まだこんなのもいるようです。

「そろそろブリを狙いで行きますか?」と流れの湧き上がりで開始。二流しで篠原さんにヒット!「日暮れの時間なのであと2流しで終わります」とのことでしたが、その一流し目でまたもや篠原さんにヒット!「ブリですか?」と問いかけるが、「メジロみたい」との返答。上がってきたのは宣言通りメジロでした。

最終流しでも、すぐにヒット!あまり引かないので小さいのか?と思いながら寄せると、上がってきたのは嬉しいサワラ!思わず「やったー、美味しいのをゲット」と声が出ます。これでストップフィシング。

おいしいサワラもゲット(提供:WEBライター・賀川正志)

最終釣果

釣果はメジロ9匹、ハマチ2匹、サワラ1匹の計12匹。クーラーに入れると一人では持ち上げられず、2人がかりで車に入れることになりました。

当日の釣果(提供:WEBライター・賀川正志)

<賀川正志/TSURINEWS・WEBライター>

The post鳴門海峡ジギングでブリ族連打 良型青物ツ抜けでクーラーは満タンにfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事