Yahoo! JAPAN

猫が誤食すると死ぬ『危険な植物』6つ

ねこちゃんホンポ

1.カロライナジャスミン:ゲルセミウム科

アメリカ原産のつる植物であるカロライナジャスミンは、大変に危険です。

カロライナジャスミンには中枢神経に作用するゲルセミンという毒性の高い成分が含まれています。呼吸困難、血圧降下、心機能障害などの中毒症状を引き起こします。

匂いがジャスミンに似ているため、この名がつきました。しかし一般的なモクセイ科のジャスミン(マツリカ)は白い花、カロライナジャスミンは黄色い花です。

綺麗な姿から鉢で育てられることの多いカロライナジャスミンですが、口に含むと猫にも人間にも危険な植物です。

2.アジサイ:アジサイ科

日本に多く自生している低木のアジサイは、身近にある危険な植物です。

昔から薬として使用されてきたアジサイですが、薬と毒は裏表の作用と言います。

切花として飾られることの多いアジサイですが、猫のいる家庭では絶対にやめましょう。

3.イチイ:イチイ科

常緑針葉樹のイチイも猫にとって危険な植物で、タキシンという毒が含まれています。

マレーシア西部やメキシコが原産のイチイは日本でもよく見られます。

赤い実は食べられますが、種子や茎などを食べると死にいたる危険性があります。

リースの材料としても使われますので気をつけなければなりません。人間が食べても同じく危険です。

4.ユリ科全般

ユリ科はユリ全般、すずらん、オモト、タチアオイ、チューリップ、ヒヤシンスなど危険性の高い植物が多くあります。ユリ中毒では急性腎不全を引き起こし命にかかわります。

花の香りでも具合を悪くする猫がいますので、部屋に飾るのもやめた方が良いでしょう。

5.クリスマスローズ:キンポウゲ科

クリスマスローズにはサポニンやヘレブリンといった成分が全体に含まれています。これらの成分には心収縮を強くする作用があり大量に摂取すると命にかかわります。

季節になるとクリスマスローズはあちらこちらで見かけます。花束としても人気がありますので、猫にとっても身近な植物と言えます。

全体的に毒性が強いですが、特に根っこは危険度が高いようです。

6.ニチニチソウ:キョウチクトウ科

ビンカアルカロイドの含まれるニチニチソウも、猫が食べては危険な植物で多めに食すと死に至ります。

マダガスカルを中心とした亜熱帯地方が原産のニチニチソウです。暑い場所で気持ちよさそうに咲く姿をよく見かけますよね。

可愛いからと家の中に飾るのは絶対にやめましょう。キョウチクトウ科の植物も全体的に中毒を起こしやすく注意が必要です。

まとめ

猫が誤食すると死ぬ『危険な植物』6つについてお伝えいたしました。

美しい花には毒があると昔から言いますよね。猫と暮らす場合は、危険を避けるためにもよく調べてから植物を選択しなければなりません。

口の中に含むだけで中毒症状を起こす種類も多いです。猫の健康は私たち人間が気をつけなければいけませんね!


(獣医師監修:平松育子)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 【焼鳥 京都橘】11月18日オープンの新店で、熟成された無菌鶏「高坂鶏」の焼鳥コースを楽しむ!

    デジスタイル京都
  2. 天然温泉って最高~!絶品グルメも一緒に堪能できる「北海道の日帰り温泉」3つ

    北海道Likers
  3. ラウンド前にやりがちな下手を固めるパット練習とは!?【松本哲也のとことん上手くなる!パッティング家練メソッド/ゴルフ】

    ラブすぽ
  4. 中川家・剛『フレディ追悼イベント』で“ジェネギャ” 東儀秀樹が2階から落ちた話に「むちゃくちゃやな」

    Techinsight
  5. 高野豆腐のモツ煮込みに「秩父路の銘酒 武甲」 〜健康な体で日本酒を飲むために心がけているちょっとした肝臓救済法〜

    さんたつ by 散歩の達人
  6. 【ダイソー】コスパ良しなブラシ!ユーアーグラムおすすめ3つ

    PrettyOnline
  7. 元モーグル五輪選手の山崎石材工業代表・山崎修。過去から現在、未来へとつなぐ「人生の物語」

    北海道Likers
  8. BLESSINGS AND MIRACLES/SANTANA サンタナ:ラテン・フレーヴァーを生かしたキャリア総決算的な仕上がり

    YOUNG GUITAR
  9. いろんな地酒が月一回、自宅のポストに届くだと? 飲み比べを楽しめる「日本酒定期便」がめっちゃ良い

    Jタウンネット
  10. 新アニメ「悪魔くん」悪魔くん役の三田ゆう子とメフィスト2世役の古川登志夫が続投決定!

    WebNewtype