Yahoo! JAPAN

磯フカセ釣りで47cm頭に良型クロ数釣り堪能 夜釣りシーズンが開幕

TSURINEWS

磯フカセ釣りでキャッチしたクロ(提供:TSURINEWSライター多賀英二)

今回は初エリアとなる福岡県は宗像沖ノ島へ上物代表ターゲットのクロ(メジナ)を狙って釣行しました。釣具メーカーのテスターをされている藤井孝男さんとご一緒させていただきました。

沖ノ島で磯フカセ釣り

今回の磯フカセ釣りでお世話になったのは、アクアシャインです。沖ノ島は世界文化遺産にも認定されている神秘的なところで、本土は女人禁制です。ポイントによっては潮通しがよく魚種豊富でプチ遠征のような釣行ができる素晴らしいエリアです。

この日は1発目に”フナイリ”で、瀬がわりで”西のハナレ”に上がりました。

釣り場風景(提供:TSURINEWSライター多賀英二)

当日のタックル・仕掛け・まきエサ

夜釣りのタックルはサオが1.75号の5mでリールは3000番です。ミチイトとハリスともに3号で、Bの電気ウキにグレバリ10号で2ヒロ~サオ一本までの半遊動で釣りました。日中はミチイトとハリスともに2.25号で、ウキは00~B。ハリはグレバリ6~8号を使いました。

当日のタックル(提供:TSURINEWSライター多賀英二)

完全クロ狙いでの釣行ということで、ボイルを8枚にパン粉を10kg持っていきました。さしエサはボイルと生を用意しました。時期的にエサ取りの活性が高いことと、潮通しのよさなどを予想して、シンプルなまきエサに仕上げました。

使用したまきエサ(提供:TSURINEWSライター多賀英二)

夜釣りではイサキ連発

夜釣りをスタートして、潮は左に上潮が通していました。そして開始早々イサキが連発。イサキの群れは大きいみたいですが、サイズは25~35cmと小型です。クロはイサキよりも浮いており、2ヒロくらいで食ってくるのではないかなと思い、仕掛けのタナを一気に2ヒロまで上げました。そして15mほど先にウキが留まるところがあったのでそこに仕掛けを投入しました。

まきエサを5杯入れ、仕掛けが馴染んだころにさらに3杯追い打ちしました。するとウキがジワッと入り、一瞬で消えました。即座にアワせると間違いなくイサキではない引き。でも尾長でもない。根に入ろうとする重量感のある引きです。

47cmクチブトをキャッチ

これは、40オーバーのクチブトかな?と思いながら瀬ズレに気をつけ寄せました。ライトで照らしてみますが、海面が反射してよく見えずなんとか取り込み成功。取り込み寸前は40cmちょっとと思っていましたが、帰宅して計測すると47cmの腹ボテクチブトでした。

その後小型のイサキをメインに、40cmオーバーのオナガを数枚と40cmオーバーのイサキを3枚ほど追加して日が昇り、1時間ほど仮眠をとりました。

クチブト47cm(提供:TSURINEWSライター多賀英二)

あえて同調させず40cm超クロ

そして見周りのタイミングで西のハナレに瀬がわりをしました。渡礁し藤井さんに現状やポイントの特徴など説明してもらい、釣りを再開。潮のヨレ付近を探ると、40cmオーバーをすぐにキャッチすることに成功しました。

40cmオーバーの連続キャッチを狙いますが、30~35cmの尾長も数多いみたいです。「まきエサとさしエサを外して釣るとサイズが上がるよ」という藤井さんからのアドバイスを基に釣りをすると、すぐに答えはでました。40cmオーバーを数匹追加しました。そしてクーラーも一杯になったところで、早めに納竿しタックルの片付けと磯の掃除をして帰港となりました。

同調させずに良型追加(提供:TSURINEWSライター多賀英二)

最終釣果とポイント

キープした魚たち(提供:TSURINEWSライター多賀英二)

今回は初エリアでの釣行で40~47cmのクロの数釣りが楽しめました。タナは基本2ヒロで様子をみて変えました。夜釣りと日中で狙いのポイントをかえるのも釣果をあげるキーになってくると思います。寒の時期の宗像沖ノ島が楽しみです。

クロはお刺し身で(提供:TSURINEWSライター多賀英二)

<多賀英二/TSURINEWSライター>

The post磯フカセ釣りで47cm頭に良型クロ数釣り堪能 夜釣りシーズンが開幕first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事