Yahoo! JAPAN

朝マヅメ陸っぱりライトゲームで良型メバル&アジ【福岡・新宮漁港】

TSURINEWS

ライトゲームで釣れたアジ(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

3月7日、自宅近くにある福岡の新宮漁港へライトゲームを楽しみに行ってきた。この日は状況に合わせてジグ単とキャロライナリグを使い、メバルに良型アジを仕留めることができたので、その模様をリポートしたい。

メバル狙いライトゲーム

午前4時30分に起床し、タックルを車に積みわずか5分で新宮漁港(福岡県糟屋郡)に到着。この手軽さが、ライトゲームの良いところである。さすがに土曜日、すでに足場の良い堤防は20人以上の人である。

5時前で混雑とはよほど釣れているのだろうか?みんなアジを狙っているだろうが、暗いうちはメバルを狙おうと磯場に近いテトラに到着。潮位は低いが、いれば数投で結果が出るポイント。

当日のタックル(作図:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

2投目で24cmメバル

ジグヘッドは1.5gを装着し2投目「ググッ」とティップが絞られる。良型で間違いない。

フジツボが付着したテトラと大岩があるので、やや強引に寄せて抜き上げる。PEラインは0.4号なので強引のゲームで大丈夫。計測すると24cmのメバル。

24cmメバル(提供:週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也)

22cmのアジもキャッチ

写真撮影し、この後数投するが反応はない。湾内を見ると時折中型のアジが上がっている様子。サビキ師が多いので私は外側のテトラでゲームを楽しむ。 

先端に移動し、最初に22cmのアジがヒット。連続ヒットと思ったが、甘くはなく豆アジも交じる。リトリーブでテトラギワに来たワームがひったくられる。これは20cmのメバル。

キャロ遠投でアジ20cm級を追加

時刻はすぎていき6時30分になるとサビキ師のアタリが多くなり、マヅメの時合いがきた。おそらく夜明けまでの30分の時合いと予想し、遠投するためジグヘッド単体から2.5gキャロに変更して狙う。

10cmアジの攻撃を避けどうにか20cm超をいくつかヒットに持ち込んだが、7時前にやはり時合い終了。サビキではまだアタっているが、ワームには反応がなくなったのでこれで終了とした。

<週刊つりニュース西部版 APC・鈴木泰也/TSURINEWS編>

新宮漁港この記事は『週刊つりニュース西部版』2020年3月27日号に掲載された記事を再編集したものになります。

【関連記事】

おすすめの記事