Yahoo! JAPAN

80年代のファミコン名作ランキング【7,479名の投票結果】

ランキングー!

80年代のファミコン名作ランキング

時は1983年7月15日、任天堂から発売された伝説のゲームハード「ファミリーコンピュータ」。
日本では略称「ファミコン」として、海外ではファミコンを改良した「Nintendo Entertainment System」通称「NES」として、国境を越えて親しまれ、世界累計6000万台以上の売り上げを記録しました。そんなファミコンは、発売当初からゲーマーの心を踊らせた名作ゲームがズラリ!

そこで今回は、1980年代に発売されたファミコンソフトソフトに絞って人気ランキングを実施。誰もがハマったあのゲーム、黎明期に登場したあのゲームなど様々なファミコンソフトが登場する注目ランキングです!

1位に輝いたのは…!

※記事中の人物・製品・サービスに関する情報等は、記事掲載当時のものです。

【80年代のファミコン名作ランキング】

第1位 スーパーマリオブラザーズ(1〜3、任天堂:発売1985年〜)
第2位 ドラゴンクエスト(1〜3 エニックス※現:スクウェア・エニックス:発売1986年〜)
第3位 桃太郎電鉄(旧ハドソン:発売1988年)

(4位以下は『ランキングー!』サイトに掲載中)

調査方法:株式会社CMサイトがインターネットリサーチした結果を集計。
※有効回答者数:30~50代の男女(性別回答しないを含む)7479名

世界累計4000万本以上を販売したMr.テレビゲーム!1位はスーパーマリオブラザーズ(1〜3、任天堂:発売1985年〜)!

<投票者のコメント>
「これは全てやり込んだな~」

「世界に任天堂を知らしめた」

「ここから俺のゲーム人生は始まった!」

圧倒的得票で見事1位に輝いたのはアクションゲーム「スーパーマリオブラザーズ」。
横スクロール型アクションゲームの大傑作であり、ファミコンソフトのトップとなる世界累計4000万本以上のソフトを売り上げる偉業を達成しました。歩く、Bダッシュする、ジャンプする、甲羅を掴んで投げる……など、豊富なアクションがゲーム性を高め、簡単すぎず難しすぎない難易度がプレイヤーの挑戦心を煽りましたね!
また、ステージ3-1で行なう「無限増殖」に代表される様々なバグ技・裏技なども存在。「当時、噂に聞いてチャレンジしたら本当にできて興奮した!」という声も上がりました。
軽快で心地よいBGMと効果音、秀逸な操作性で、何回でも遊べてしまう「スーパーマリオブラザーズ」の完成度の高さは今も語り草。後世のあらゆるゲームへの影響力は計り知れません!

【現在プレイ可能なサービス】ミニファミリーコンピュータ、Nintendo Switch、3DS、Wii U(VC)

RPGというゲームジャンルを日本に根付かせた!2位はドラゴンクエスト(1〜3 スクウェア・エニックス:発売1986年〜)!

<投票者のコメント>
「特に3はNEWSでも取り上げられたから。世界に誇る国民的なゲーム」

「スマホの写真1枚分以下のメモリ数であのクオリティーは凄い(ドラクエ1)」

「『ぼうけんのしょ』を兄弟のと間違わないように気を遣ったし、消えちゃったときの絶望感、今でも胸が痛くなる!!」

2位はRPG「ドラゴンクエスト」。
国民的ゲームシリーズであり、6位でご紹介した「ファイナルファンタジー」とは人気を二分するRPGとして支持されています。RPGというジャンルは、本作の登場前にPCゲーム「ウィザードリィ」などが発売されていましたが、日本に広く根付かせたのがドラクエシリーズと言えますね。
80年代に発売された「ロト三部作」は、ゲーマーにとってどれも思い入れの強い作品ですが、特に当時の熱狂っぷりが忘れられないのが「ドラクエ3」。発売日は平日だったにも関わらず開店を待つ長蛇の列がニュースとなり、最終的には約380万本を売り上げるという驚異的なヒットとなりました!
ファミコン版はゲームとしての難易度が高く、何度も全滅してはレベル上げ、試行錯誤をしてやり直す、という体験も良き思い出ですね……。

【現在プレイ可能なサービス】Nintendo Switch、3DS、PlayStation 4、スマホアプリ、ミニファミリーコンピュータ 週刊少年ジャンプ50周年記念バージョン

桃鉄で日本地理を覚えた少年・少女はどれほどいるのか!?3位は桃太郎電鉄(旧ハドソン:発売1988年)!

<投票者のコメント>
「ずっと遊べる名作だから」

「みんなでワイワイ出来た」

「桃鉄は、今でも遊べる楽しさがある」

3位はボードゲーム「桃太郎電鉄」。
すごろく形式で列車を進め、目的地である日本全国の駅を目指しつつ各地の物件を買収、利益を得るというゲームシステム。今ではすっかり定番ですが、こういったボードゲームスタイルはTVゲームでは目新しい存在でした。後のシリーズでは全プレイヤーが共通の駅を目指しますが、初代は別々の駅を目指す、という点がちょっと異なるポイントですね。
ちなみに、初代は進行・便利カードもなく、貧乏神も存在しないためパーティーゲームとしてはまだまだ未完成。PCエンジンにて1989年に発売(ファミコン版は1992年発売)した次作「スーパー桃太郎電鉄」ではそのあたりが改良されて、競争性も魅力もグーンと向上!結果、プレイ中に熱くなりすぎた友達と険悪なムードになる、という光景も全国で見られたようです……。

【現在プレイ可能なサービス】Nintendo Switch(「スーパー桃太郎電鉄」のみ「桃太郎電鉄 〜昭和 平成 令和も定番!〜」の早期購入特典として)

4位以下はボンバーマン(旧ハドソン:発売1985年)や、ドンキーコング(任天堂:発売1983年)、信長の野望 全・国・版(コーエーテクモゲームス:発売1988年)などがランクイン!

【関連記事】

おすすめの記事