Yahoo! JAPAN

井上和彦・森久保祥太郎・笠間淳・大橋彩香が二十五絃箏の音色とともに声で物語を彩る! 朗読劇『「三国志」〜誓いの調べ〜』東京公演・昼の部レポート

声優グランプリ

豪華キャストによる魂の朗読劇

朗読劇初となる全国 Zepp ツアーとして2021年10月9日より展開、Zepp Sapporo(札幌)からスタートし、名古屋、福岡、難波と巡り、千秋楽となる公演が東京・羽田にて行われた朗読劇『「三国志」〜誓いの調べ〜』。本朗読劇は、人気声優たちの朗読と中井智弥による二十五絃箏の演奏により、視覚、聴覚、そして想像力を刺激する作品となっており、愛・友情・勇気・そして野望のキーワードから「三国志」を再構成した朗読舞台だ。

そんな『「三国志」〜誓いの調べ〜』の東京公演(Zepp Haneda)レポートが到着。昼の部には井上和彦・森久保祥太郎・笠間淳・大橋彩香らが出演、二十五絃箏の音色とともに声で物語を彩った。

本公演のアーカイブ配信チケットも販売中!

■「PIA LIVE STREAM」配信チケット購入サイト
https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2130792&rlsCd=001

東京公演レポート

物語は、「韓」(後漢)の末期。劉備・関羽・張飛が桃園の誓いで義兄弟の契りを結び、義勇軍を率いて黄巾の乱を治めるために戦う一幕が描かれる。今回、劉備を井上、関羽を森久保、張飛を笠間、そして、ストーリーテラーであり、女性という性別を隠して劉備の義勇軍に参加する撫子を大橋が演じた。世のため人のために立ち上がった劉備、そんな劉備の人柄に惚れて、義兄弟の契りを結んだ豪傑の関羽と張飛。それぞれの正義や信念、想いを井上・森久保・笠間が、言葉に魂を込めて読み上げる。

大橋が演じる撫子は、劉備に思いを寄せながらも、彼の理想のために戦い、ときには𠮟咤激励する強く・儚い女性。そんな彼女の結末に驚き、涙した人も少なくなかっただろう。

まさにキーワードである愛、友情、勇気、野望を二十五絃箏の美しい音色とともに朗読で体現した4人だが、途中ではアドリブを交えて会場を楽しませる場面も。物語に沿って、それぞれのマネをするという展開を振り切ってやり抜くと、客席からは大きな拍手が巻き起こった。

本朗読劇は、12月12日23時59分まで「PIA LIVE STREAM」にてアーカイブ配信中。チケットはチケットぴあにて、12月12日18時まで販売されている。配信視聴チケットの価格は、昼夜の部ともに3850円(税込)。なお、東京公演夜の部では、劉備を井上和彦、関羽を森久保祥太郎、張飛を浪川大輔、撫子を岡村明美が演じた。

全国5大都市ツアー朗読劇「三国志」~誓いの調べ~配信情報

●昼公演
【アーカイブ配信】
公演終了後~12月12日(日)23時59分
[出演]
井上和彦 / 森久保祥太郎 / 笠間淳 / 大橋彩香
[音楽]
中井智弥(二十五絃箏)

●夜公演
【アーカイブ配信】
公演終了後~12月12日(日)23時59分
[出演]
井上和彦 / 森久保祥太郎 / 浪川大輔 / 岡村明美
[音楽]
中井智弥(二十五絃箏)

▼公演などに関するお問い合わせ先: 東京音協(https://t-onkyo.co.jp/)
▼配信視聴チケット価格:3850円(税込)
※別途要利用料。その他の詳細はチケットぴあのチケット販売サイトをチェック。

■「PIA LIVE STREAM」配信チケット購入サイト
https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2130792&rlsCd=001

【関連記事】

おすすめの記事