Yahoo! JAPAN

春のスルメイカゲーム開幕 イカメタルで50匹【三重・エヌテックマリン】

TSURINEWS

メタルスッテ絶好調(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

現在尾鷲沖では、春のスルメイカゲームが絶好調。釣友たちと三重県・紀北町の引本浦のエヌテックマリンに乗船し、大爆釣を体験したのでその模様を紹介したい。

エヌテックマリンでイカメタル

この時期のスルメイカは、冬に釣れるモンスターサイズよりひと回り小型ではあるが、数釣りが楽しめる。またその引きはダブルヒットともなれば、腕が痛いほどの重量感だ。身が厚すぎず、食べても非常に美味で、釣ってからの楽しみもワクワクが止まらない。

タックル図(作図:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

そして、この日も大爆釣の幕開けは早かった。辺りがうっすらと暗くなり、船上のライトに明かりが入ると、釣友の平野さんがファーストヒット。私にも穂先がコンッとたたかれる元気のいいアタリが手元に伝わった。グンッ、グンッとロッドが大きく締め込まれ、イカ特有のジェット噴射が心地よい。

スルメイカ高活性

そして、ここからはスルメイカ祭りが開幕。ダブルヒットや2連掛けなど、船上では常に誰かがサオを曲げている。私のヒットスッテは、60gの紫系や赤白系を中心にラインが斜めにならないことを意識し、潮流の強さに応じてウェイトを変更していった。

良型スルメイカ絶好調(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

数を伸ばすコツは、コロコロと変わるスルメイカの捕食レンジを、手返し良く探っていくことが重要となるが、ここ最近の傾向は非常に活性が高く、この日も海面付近で小魚を追い回すスルメイカの姿が目視できた。

浅いレンジで好反応

私が一番ヒットしたレンジも15~20m付近が多く、アクション後の止めやスッテを持ち上げてからラインテンションを張る形で沈める、テンションフォールの際にアタリが集中。

スルメの引きは強烈(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

比較的浅い水深で反応があるため、手返しも良くアタリがダイレクトに伝わるため、初めてメタルスッテに挑戦する人などにも釣りやすい状況と言えよう。

50匹オーバー続出の大爆釣

そして楽しい時間は早いもので、あっという間に午後11時となり納竿。釣友たちは50匹オーバーの大爆釣。大型のクーラーがいっぱいになった。

当日の釣果(提供:週刊つりニュース中部版APC・橋本広基)

私も満足の37匹。途中からリールが壊れるというアクシデントで数が伸びなかったことが悔やまれるが、それでも存分にスルメイカとのファイトが楽しめ、次の日の筋肉痛が心配だ。 今後も5月初旬辺りまでは、数釣りが期待できる状況は続くと思われる。メタルスッテで狙うスルメイカゲームで春の夜遊びを楽しんで見てはいかがだろう。

<週刊つりニュース中部版APC・橋本広基/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2021年5月7日号に掲載された記事を再編集したものになります。

The post春のスルメイカゲーム開幕 イカメタルで50匹【三重・エヌテックマリン】first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事