Yahoo! JAPAN

暑くて熱い「オナガグレ」シーズン到来 バラシ連発も40cm超本命手中

TSURINEWS

磯で釣り上げた尾長グレ(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

夏の焼け付くような日差しを浴びると、オナガグレの強烈な引きを味わいたくなりますね。大分県は米水津の磯でオナガグレを狙ってきました。

釣行概要&当日の状況

7月10日、大分県は米水津の磯に、この日はあいにくの雨模様でしたが、心に決めて遊びに行きました。

渡船は、政進丸さんにお世話になりました。大変恐縮ですが、船長さんにオナガを狙いたいので沖黒の磯をリクエストしました。そう、オナガの引きを味わいたいのです。

快諾して下さった船長さんがセレクトした磯は、「東のサラシ」。オナガ勝負するには十分な場所となりました。

お世話になった政進丸(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

当日のタックル&エサ

タックルは、「マスターモデルⅡ口太・尾長」にいつもよりランクを上げたラインで挑みます。ウキは「スーパーエキスパートUE・0c」、まきエサは「グレナビ」です。グレの口元まで付けエサをナビゲートしてくれる相性抜群のお気に入りセットです。

朝イチに釣友がオナガ42&46cm

私が到着すると、友人がすでに42~46cmの良型のオナガを仕留めていました。クーラーをのぞくと、体高のある魚体が見えます。朝一番、10~15m沖にいい潮ができていたそうです。 

藤本さんと42&46cm(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

筆者にも40cm超え口太グレ

雨が降り続く中、レインスーツを着て懸命にサオを振る私……やっと重量感ある引きです。タモ入れしたのは、お腹まんまるのおいしそうな口太グレでした。

口太43cmと著者(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

オナガの潮ができ40cm超手中

潮が動かなくなると、魚の気配がなかなか感じられません。それでも、辛抱強く仕掛けの投入を繰り返します。

そして、仕掛けがなじみやすく流しやすくなったなと思うと……バチバチ~!ラインが弾け飛びました。応戦するも、ハリ外れ。お次は瀬ズレ、何度バラしたことか。この引きを味わいに来たんだとはいっても、魚の強烈な引きに完全に主導権を握られ、魚を誘導することが全くできません。

「またきた~!」必死に耐えて、なんとか浮かせたのは……待望の40cmオーバーのオナガでした。やっと顔が見れた、思わず喜びのガッツポーズ!

真鯛も登場!

その後、藤本さんは鯛狙いに切りかえます。ガン玉を付けて、少し深いタナに狙いを定めます。すると、有言実行のピンク真鯛、いいお土産ができました。

私も、頭を振る真鯛らしき魚を掛けましたが、海中の岩にスレたのか、ハリス切れで残念!「あ~ぁ」膝から崩れ落ちる。

藤本さんはマダイもゲット(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

脂乗り抜群のお刺身を堪能

帰宅してからは、釣って楽しみ、食べて大満足の時間です。さすがにこの時期のオナガは、包丁が脂ぎるほどの濃厚さです。美味しくいただきました。

脂の乗ったオナガの身(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

夏は始まったばかり!次はどこへ行こうかな?

オナガはお刺身に(提供:TSURINEWSライター藤本みどり)

<藤本みどり/TSURINEWSライター>

The post暑くて熱い「オナガグレ」シーズン到来 バラシ連発も40cm超本命手中first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事