Yahoo! JAPAN

フルーツの王様!『果物なのにメロンは野菜ってどういうこと?』その理由を徹底解説!

オリーブオイルをひとまわし

フルーツの王様!『果物なのにメロンは野菜ってどういうこと?』その理由を徹底解説!

「フルーツの王様」と称され、高級な果物というイメージの強いメロン。じつは、農林水産省では、メロンが野菜の扱いになっていることをご存知だろうか?メロンがなぜ野菜として扱われているのか?そもそも野菜と果物とはどこがどう違うのか? これから詳しくお伝えしよう。

1. メロンは野菜?果物?どっち?

結論から先に述べると、メロンは、果物でもあり野菜でもある、といういまひとつしっくりこない回答になってしまう。メロンは、植物学上の分類では、ウリ科キュウリ属に分類されている。冒頭でもお伝えしたように、農林水産省では、メロンは野菜として扱われている。同じく、すいかやいちごも野菜として扱われている。なぜ、農林水産省では、メロンが野菜として扱われているのか、その理由については、あとから詳しくお伝えするが、そもそも果物にも野菜にも明確な定義というものが存在しないようだ。そのため、果物なのか野菜なのか、はっきりしないようなことが、しばしば起こり得る。たとえば、農林水産省では、野菜の扱いになっているメロンは、生産農家でも野菜として扱われるようだ。しかし、小売り店では果物の扱いで、果物売り場に陳列される。消費者は、果物売り場に並んでいるメロンを果物だと認識し、果物として扱うことになる。というようなことが普通に起こっているということだ。

2. メロンが野菜とされている理由は?

農林水産省は、野菜の生産や出荷量などの統計をとるために、園芸学の考え方を元にして、野菜と果物を分類している。苗を植えてから1年で収穫できる草本植物を「野菜」とし、2年以上栽培が必要な草本植物や木本植物の中で、実が食べられるものを「果樹」としている。その結果、メロンは、野菜に分類されることになったようだ。メロンと同じ理由で、すいかやいちごも、野菜に分類されている。もっとも、これは農林水産省が、統計をとるために、あえてそのように定義しただけということで、農林水産省も、「果物や野菜には確固たる定義はない」という見解を示しているようだ。じつは、野菜や果物の定義は、国によっても違いが生じるようだ。たとえば、アメリカでは、キュウリやナス、トマトは、果実に分類されている。これは、アメリカでは、植物学上の見解に基づいて、「種子を取り巻く部分を果実」としているため、その結果、キュウリやナス、トマトは果実に分類されることになっているようだ。ちなみに、日本の農林水産省では、キュウリ、ナス、トマトは、果実を食用とする野菜と定義され、「果菜」という項目に分類されている。

3. メロンは農林水産省では「果実的野菜」厚生労働省では「果物」

農林水産省で、野菜に分類されているメロンは、さらに農林水産省の野菜生産出荷統計の調査対象品目の中では、「果実的野菜」という項目に分類されている。すいかやいちごも果実的野菜に分類されている(※)。ちなみに、「果実的野菜」以外の調査品目の分類は、以下のようになる。だいこん、ばれいしょ、にんじん、さといも、かぶ、れんこん、ごぼう、やまのいもはくさい、キャベツ、レタス、ほうれんそう、たまねぎ、ねぎ、こまつな、ちんげんさい、みつば、ふき、しゅんぎく、みずな、セロリ、アスパラガス、カリフラワー、ブロッコリー、にら、にんにくキュウリ、ナス、トマト、ピーマン、さやいんげん、かぼちゃ、スイートコーン、さやえんどう、グリーンピース、えだまめ、そらまめしょうがなお、厚生労働省の国民健康・栄養調査など、栄養学や摂取量などに関する統計では、メロンは「果実類」に分類されている。これは、厚生労働省では、食品の特性に由来する食べ方や消費形態を元にして分類されているからのようだ。総務省の家計調査でも、メロンは「果物」の扱いになっている。

結論

メロンは、扱う側の立場によって、野菜にされたり、果物にされたりするということになる。野菜や果物の明確な定義が存在しないために、そのようなことが起こっているようだ。「メロンは、野菜でもあるし、果物でもある」結局のところそれが正解といえそうだ。(参考文献)
※ 農林水産省「野菜類の区分はどのようになっているのか教えてください」

投稿者:オリーブオイルをひとまわし編集部
監修者:管理栄養士 渡邉里英

【関連記事】

おすすめの記事