Yahoo! JAPAN

ヴァイオリニスト・川井郁子が制作総監督を手掛ける『奏劇 細川ガラシャ「月に抱かれた日」』舞台映像特別試写会が開催

SPICE

(左から)三井高聡、川井郁子、川井花音

2021年12月14日(火)より新国立劇場にてヴァイオリニスト川井郁子アルバムデビュー20周年記念特別公演企画 『奏劇 細川ガラシャ「月に抱かれた日」』を上演する。
6月1日(火)、12月の舞台上演に先駆けてハイライトシーンの舞台映像が初公開され、試写会冒頭には川井が生演奏を披露。また劇中、細川ガラシャの幼少期を演じる川井郁子の娘・川井花音もかけつけ、親子共演を果たした。

『奏劇 細川ガラシャ「月に抱かれた日」』より

『奏劇 細川ガラシャ「月に抱かれた日」』より

『奏劇 細川ガラシャ「月に抱かれた日」』より

『奏劇 細川ガラシャ「月に抱かれた日」』より

『奏劇 細川ガラシャ「月に抱かれた日」』より (左から)川井花音、三井高聡

昨年、新型コロナウイルスの影響で音楽界もコンサートや講演など様々な催しの中止を余儀なくされ、アルバムデビュー20周年を迎えた川井も例外ではなかった。そんな中でも、自分たちにできることをと、舞台のハイライトシーンを撮影。       

舞台芸術の新たな世界観を探求しつづける川井が音楽とダンス、そして立体ホログラムやCGを駆使した最先端の映像技術と豪華コラボレーション。“Unframed(アンフレームド/枠にとらわれない)”というアイデンティティを見つめ直し、魅力と才能が凝縮した新しいスタイルの音楽舞台が創り出される。川井の音楽の世界が無限に広がる新しい舞台芸術の可能性に期待が高まる。

【登壇者コメント】

川井郁子(かわい いくこ)

昨年アルバムデビュー20周年の記念で音楽舞台を作成しようとしましたが、コロナの影響で上演はできませんでした。そこで無観客で一部分をピックアップしたハイライト映像を作成し、本日上映させていただきます。12月に上演するこの作品は、細川ガラシャとマリー・アントワネットが実はご縁があったという二人のエピソードを元に紡いでいく物語です。人間のストリートだけではなく、音楽のもつ無限の表現力を活かし、俯瞰した目でみつめるような表現を加えられたらいいなと現在創っているところです。

川井花音(かわい かのん)

(今回の映像を撮影した時)セリフもなく、演劇ともミュージカルとも違うので、難しかったです。演じてみてカメラを確認しながら完成させていきました。憧れの白無垢も着ることができて嬉しかったですが、重かったです。12月の舞台までは時間があるので、母とたくさん話しあって演じていけたらと思っています。

三井高聡(みつい たかあき)

(本日の映像を撮影した時)初めての演技だったので、楽しみより緊張の方が勝っていましたが、楽しく演技できました。自分が演じた細川忠興は実はご先祖様で、資料をみたり両親からも話をきいていました。12月の舞台本番は大きな舞台で演技する事になるので、緊張と楽しみと半々ですが頑張ります。

【関連記事】

おすすめの記事