Yahoo! JAPAN

海老名市 自転車で名所ぶらり スルガ銀と魅力発信〈海老名市・座間市・綾瀬市〉

タウンニュース

七重の塔の前に立つ市職員

海老名市は、スルガ銀行株式会社と連携し、自転車で市内のおすすめスポットを周遊(ポタリング)し、情報発信をする取り組み「えびぽた」を6月から実施する。

ポタリングは、英語で「ぶらぶらする」という意味の「Putter(ポター)」と「サイクリング」を掛け合わせた和製の造語。散歩をするようにゆっくりと自転車に乗ることを指し、「ポタ」「ゆるポタ」などと略されることもある。

スルガ銀行では、自転車振興と地域貢献の一環で、自治体と連携して市内のおすすめスポットをポタリングし、SNSで発信する取り組みを進めている。県内では2019年に始まった平塚市に続き2例目となる。

「えびぽた」では、市職員が考えたコースを、自らモデルとなって自転車で巡り、写真撮影を行う。第一弾となる6月は「今と昔がよりそう海老名で初夏のさわやかポタリング」をテーマに、七重の塔や水田風景、飲食店など14カ所をめぐるコース。撮影した写真は6月中旬から2日に1度のペースで市とスルガ銀行の公式SNSで情報発信を行う予定だ。市商工課担当者は「気軽に巡ることができるコースになっている。発信元により投稿の内容は異なる予定」と話した。第2回は9月を予定している。(問)海老名市商工課【電話】046・235・8439

【関連記事】

おすすめの記事