Yahoo! JAPAN

【響灘】沖釣り最新釣果 夜焚きイカはシーズン前で数伸びずも良型中心

TSURINEWS

良型交じりで順調(提供:金比羅丸)

響灘から沖釣り最新釣果情報が入った。夜焚きイカはシーズン序盤で数は伸びずも良型中心。ほか11kg超えヒラマサや50cm級アマダイなど良型多数浮上中。

光生丸

4月18日、北九州市若松区・北湊の光生丸がジギングで響灘に出船すると、この日は膝乗せサイズの特大ヒラマサ11.5kgが浮上したほか、6~8kgクラスも連発しマダイ60cm前後、ブリ4~5kgクラスも数キャッチ。4月は青物が絶好調、ヒラマサの割合が高くビッグサイズもよく上がっているため、今後の釣果も期待大。

11kg超えヒラマサ浮上(提供:光生丸)

PONTOS・幸雅丸

4月16日、17日、北九州市戸畑港から出船中のPONTOS・幸雅丸は響灘にジギング、キャスティングでヒラマサ狙いに出船。キャスティングでは表層での活性高く、ヒラマサ5~6尾主体にメジも交え青物1人1~2尾。高級根魚も釣れ、好土産を持ち帰った。日によりムラあるが、クーラー満タンの日もあるので、今後も期待大だ。

青物高活性(提供:PONTOS・幸雅丸)

太陽丸

4月17日、北九州市・小倉港の太陽丸で小倉沖~響灘の夜焚きイカ釣りに挑戦した菅野さんは、シーズン序盤戦ならではのパラソル級のヤリイカをキャッチし釣果を披露してくれた。船中ではスルメイカが少なく、ほぼヤリイカの釣果でパラソル級交え1人10尾の土産ができた。今後の釣果も楽しみだ。

パラソル級ヤリイカ手中(提供:太陽丸)

海燕

4月17日、北九州市・小倉港から案内中の海燕がタイラバ・SLJで響灘へ出船すると、大ダイ5kg頭に1~3kg含め6尾、ブリ5kg超え、特大アマダイ、アコウ、アラカブに交じって水カレイも釣れるなど盛り上がった。これから乗っ込みマダイが本格化、釣果から目が離せない。

特大アマダイも出た(提供:海燕)

胡百

4月17日、北九州市小倉港の胡百は響灘に連日好調な泳がせ釣りで出船。写真のようにタカバやアコウの良型を多数交え、クーラーは高級魚で満タン。ボッコやチカメキントキも釣れ多彩な釣果で賑わった。これからも好土産が期待できる。

高級魚多数キャッチ(提供:胡百)

Elephant

4月17日、北九州市・小倉港のElephantがタイラバで響灘へ出船すると、大ダイ75cm頭に14尾をキャッチ、アベレージサイズ50cmと型もよく揃った。ほかにもアオナ、アコウ、レンコ、ホウボウ、イトヨリなどのゲストも多く交え土産ができており、連日いい釣果が上がっている。

アベレージ50cmの型揃い(提供:Elephant)

EBISUYA

4月17日、北九州市門司・大里港のEBISUYAは、響灘にタイラバで出船。乗っ込みマダイ好調で、写真の仁田さんが釣り上げた5.3kgを頭に良型多く好ヒットした。ボッコや青物が釣れる日もあり、今後も好土産期待できる。これから上向いてくるので楽しみだ。

5.3kg頭に好ヒット(提供:EBISUYA)

宝生丸

4月17日、北九州市門司・大里港から出船中の宝生丸は、響灘にアマダイ五目で出船。アマダイは40~50cm超えの大物を多く交え数釣れた。大型のアオナ、タカバやレンコ、イトヨリなど多彩に釣れた。ゴールデンウイーク以降はタイラバ、デイイカメタルで出船。5月20日ごろからの夜焚きイカも予約受け付け中。アンチローリングジャイロ搭載で横揺れを軽減し船酔いしにくく、女性専用のトイレもあり誰でも安心して楽しめる。

アマダイ50cm級ゲット(提供:宝生丸)

金比羅丸/門司

4月19日、北九州市門司港から出船中の金比羅丸/門司は、響灘に沖五目と夜焚きイカのリレーで出船。沖五目好調でアオナ、レンコ、イトヨリなど多彩に釣れた。イカはまだ数伸びないが、良型交え順調に釣れている。日によりムラあるが、これから数有望。釣果はFacebook「門司金比羅丸」で検索。

良型交じりで順調(提供:金比羅丸)

<週刊つりニュース西部版 編集部/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース西部版』2022年5月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post【響灘】沖釣り最新釣果 夜焚きイカはシーズン前で数伸びずも良型中心first appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事