Yahoo! JAPAN

困っている児童を服で支援 愛川町社協が「衣類バンク」事業〈厚木市・愛川町・清川村〉

タウンニュース

寄付を呼び掛ける町社協職員

愛川町社会福祉協議会が1月から、不要になった洋服を必要な人に無償で配布する「衣類バンク」事業を開始した。同社協では初の取組みで、今年度は小学校の入学式で着ることのできる服を募集。2月10日(木)まで寄付を受付けている。

着ることができなくなった不要な衣類を提供してもらい、経済的に困っている家庭など衣類を必要としている人に無償で渡す「衣類バンク」事業。町社協によると、既にさいたま市社協で行われているという。

町社協では、コロナ禍で実施事業が減っているなか、この状況下でもできる事業を模索。生活困窮の相談が増えていることもあり同事業をスタートした。今年度は試験的に小学校の入学式で着ることのできる衣類を対象とし、クリーニング済みで購入後5年以内程度のブレザーやネクタイ、カーディガン、シャツ、スラックス、スカート、靴などの提供を呼びかけている。

寄付の受付期間は2月10日までで、町福祉センター1階の町社協窓口に直接持ち込む。寄せられた衣類は2月11日(金・祝)の建国記念の日に同センター3階会議室で配布を行う。時間は午前9時から正午まで。この日に配布残が生じた場合は、2月14日(月)から28日(月)まで町社協窓口での提供も行う。なお、衣類の寄付については町外在住の人も可能だが、提供を受けられるのは町内在住の人が対象となる。

町社協ではこれまでにも、使わないカレンダーを必要な人に提供する事業や、不要な食品を困窮世帯に配布するフードバンク事業にも取り組んでいる。町社協では「今年度は試験的に小学校の入学式用の衣類を対象にしておりますが、皆様の声を聞きながら、今後も困っている方を支援できるように衣類バンクの取り組みを進めていきたい。地域の皆様のご協力をお願いいたします」と話す。

なお、衣類の寄付に関する問合わせは町社協【電話】046・285・2111へ。

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 朝から夜まで日々を楽しむ、蒲田・大森のくつろぎカフェ4選。心まで潤う味と空間があります!

    さんたつ by 散歩の達人
  2. 一人暮らし女性の防犯に!おすすめ防犯グッズや今すぐできる対策12選

    PrettyOnline
  3. 早期発見・治療で脳梗塞を予防! 循環器の専門家に聞く「心電図も記録できる血圧計」

    毎日が発見ネット
  4. 【最近よく聞く】スペシャルティコーヒーってどういうもの?評価の基準は?

    特選街web
  5. 【ユニクロ×マーベル】アベンジャーズの名シーンがTシャツに! MCU「インフィニティ・サーガ」コレクション

    ウレぴあ総研
  6. =LOVE[ライブレポート]全国ツアー完走「みんなのキラキラした笑顔が私たちの勇気に繋がりました!」

    Pop’n’Roll
  7. 【期間限定】「白い恋人」のおいしさを受け継いだ夏季限定フレーバー「サク ラング・ド・シャ(夕張メロン)」

    ソトコトオンライン
  8. 絵画、工芸作品で爽やかなひとときを 三木美術館『涼風便り』姫路市

    Kiss PRESS
  9. お試しプチ遍路!見所満載の七ヶ所まいり/香川県善通寺市・三豊市・多度津町

    ひろしまリード
  10. カロリーのるつぼ|1キロ弁当を実食!カロリーとコスパを追求したあたまのわるいおべんとう【前橋市三河町】

    We Love群馬