Yahoo! JAPAN

ボートタイラバゲームで60cm級マダイ乱舞 全員ヒットでクーラー満タン

TSURINEWS

70cm超え堂々浮上(提供:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

4月10日、タイラバで乗っ込みのマダイを狙って、レンタルボートで福井・敦賀沖へ出船。風がなくボートが流れない中の釣りとなったが、60cm級のマダイが連発ヒット。クーラー満タンとなった釣りの模様をリポートしたい。

敦賀沖でタイラバ釣行

燦々(さんさん)と照らす太陽の下、ここ最近の目まぐるしい変化に服装も悩む季節になってきた。目まぐるしい変化は地上だけにとどまらず海の中でも起きており、特に福井県の敦賀沖ではマダイ乱舞が楽しめるようになってきた。

釣行日は4月10日。今回は親父とその友人の3人で、レンタルボートを借り敦賀沖へ船を走らせる。出船は午前8時ごろ。朝マヅメのアの字もない時間帯からの出船だ。

40分ほど走らせたところで船団が見えてきた。邪魔にならないよう少し離れた水深110mラインから開始する。

タックルはロッドが紅牙MX・N69MBスリルゲーム、リールは炎月CT151HG‐L、ラインはボーンラッシュWX8の0.8号、リーダーは\グランドマックスFX5号だ。

まずは120gのヘッドに、熟成アクアクワセカーリースリムのみをセットするトレーラー1本タイラバで攻略していく。

開始早々マダイキャッチ

まずセオリー通り15mほど巻き上げて、フォールの繰り返しで反応をうかがう。5回ほど巻き上げたが反応が得られなかったので、さらに上のレンジを攻めてみる。

30mまで巻き上げたところで、ググッ、グググッ!バシィィイ、ジィィイイッと船内鳴り響くドラグ音に、マダイを確信する。

開始早々ドラグ音が響き渡る(提供:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

最初の1匹ということもあって、10分ほどかけて慎重に上げてくる。海面に湧き上がる気泡とともに、桜色の魚体が見えてきた。いきなり60cm超えの良型にホッと胸をなで下ろす。

食べごろサイズをキャッチ(提供:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

それに続くように、親父のサオも大きく曲がっていた。釣れたのは55cmほどの、ちょうどいいサイズのマダイだ。

時合い到来でヒット連発

このまま釣れ続くかと思われたが、反応はこれっきり途絶えてしまった。やはり無風で流れないと群れに当たりにくいのだろう。1時間ほど粘ったが、30cmほどのアマダイを2匹キャッチしただけだったので、ほんの少し北へ船を走らせる。

移動中魚探にベイト反応が映っていたため、ここでやってみることに。落として早々に、親父とその友人にヒット。自分は少し遅れて2人が釣り上げたところでヒット。ここもサイズはいいようで、全員60cmオーバーの良型ぞろいだ。釣り上げたマダイを見てみると、口からホタルイカを吐いていた。

時合いには怒涛のヒット(提供:週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河)

釣りを開始してから数時間、相変わらず無風で真下に落ちる状況ではあるが、マダイの反応は上々で群れが来たら全員ヒットに持ち込むことができた。無風でこれだけの釣れよう……。風が吹いて船が流される状況なら、さらにどれだけ釣れていたのだろうか……。まさにバグっていると言わざるを得ない状況に、思わず口角が上がる。

70cm超え良型堂々浮上

ふとイケスに目をやると、赤々とした魚体で埋め尽くされていた。時刻が正午を回ったところで、ジィィィイイイッと強烈な引きが訪れる。かなり強めに設定しているドラグもズルズルと出され、一向に上がってこない。巻いては出されの綱引きを10数分したところで、ようやく今までよりひと回り大きな魚体が姿を現した。堂々の70cmオーバーだ。ここまで釣れれば何も文句はない。

その後もフォール中にシーバスが食ってきたりと、実に豊かな春の海を満喫することができた。午後2時を回ったところで、クーラーに入りきらないほど釣れてしまったので、早めの納竿となった。全体釣果は3人で16匹。サイズは50~75cmと、今までにない爆釣を味わうことができた。

これからさらに盛り上がる乗っ込みタイラバ。皆さんもぜひ記憶に残るビッグワンを狙ってみてはいかがだろう。

<週刊つりニュース中部版APC・山根嶺河/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース中部版』2022年5月6日号に掲載された記事を再編集したものになります。The postボートタイラバゲームで60cm級マダイ乱舞 全員ヒットでクーラー満タンfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事