Yahoo! JAPAN

「レトロフィット電気バス」運行中 市内の観光名所や動物をラッピング 【北九州市】

北九州ノコト

(アイキャッチ画像:西鉄バス)

北九州市内の観光名所などをラッピングした「レトロフィット電気バス」が、2月13日から運行を開始しています。

デザインは、北九州市の「夜景」「映画ロケ地」「到津の森公園の動物たち」の3種類です。

レトロフィット電気バスとは

レトロフィット電気バスは、中古ディーゼルバスのエンジン部分をEV化し、電気バスに改造した車両のこと。CO2削減に貢献でき、低価格で導入できることなどが特徴です。

現在、RAC Electric Vehicles社から技術指導を受けた、西日本鉄道株式会社グループの西鉄車体技術製の車両の導入拡大が進められています。

3つのデザインでラッピング

今回、北九州市内を走るレトロフィット電気バスには、3つのデザインがラッピングされています。

夜景デザインの「北九州市ラッピング」

1つ目は「北九州市ラッピング」で、北九州市内のランドマークである“夜景”が描かれています。夜景の美しさが柔らかな雰囲気で表現されています。ちなみにバス後部のデザインは、下関市で運行されるレトロフィット電気バスと並ぶと、関門海峡のシルエットが繋がるようになっているのだとか。

行先番号は83番で「戸畑駅~井堀~砂津~門司駅前」などを運行します。

映画ロケ地デザインの「北九州フィルム・コミッションラッピング」

2つ目は「北九州フィルム・コミッションラッピング」。目を引くポップなカラーとイラストの中にロケ地の写真を配置しています。北九州の街で多くの映画ロケが行われていることを知ってもらえるデザインで、ロケ地巡りのきっかけにもなりそうです。

行先番号は27番で「製鉄飛幡門~井堀~砂津~霧丘三丁目」などを走行します。

動物たちがかわいい「到津の森公園ラッピング」

3つ目は「到津の森公園ラッピング」で、到津の森公園の“四季の雰囲気”と園内で暮らす“動物たち”を表現。のびのびと暮らす動物たちのダイナミックさと可愛らしさがデザインされています。

行先番号は7番で「砂津~到津の森公園前~七条~製鉄飛幡門」などを運行します。

詳細は、西日本鉄道株式会社のホームページのニュースリリースで見ることができます。

※2024年2月23日現在の情報です

(北九州ノコト編集部)

【関連記事】

おすすめの記事

新着記事

  1. 異端の皇帝フェデリコを佐々木蔵之介、その息子を上田竜也が演じる壮大な物語 PARCO PRODUCE 2024『破門フェデリコ~くたばれ!十字軍~』の上演が決定

    SPICE
  2. 【日本季節散歩】東京都江東区亀戸で味わう美しく甘美な藤の花と美味しいアサリ鍋

    GOTRIP! 明日、旅に行きたくなるメディア
  3. 元SEの店主が作る超本格的なスパイスカレーのお店が長崎市西山にオープン!【WOOLWICH (ウーリッチ)】

    ながさーち
  4. 【動画】ドールプレイヤー・ 門松桃永、銀座・知夢仁で北海道グルメをレポ!

    WWSチャンネル
  5. Porscheら、サーファーのために波高を計測できるドローンを開発。可能な限り大きな波でサーフィンするために

    DRONE
  6. DARPA、AI戦闘機と有人戦闘機の史上初ドッグファイトに成功

    DRONE
  7. 【動画】広瀬香美さんが門真市ふるさと大使に ららぽーと門真で就任式

    OSAKA STYLE
  8. FM802開局35周年!“ファンキー”な花火大会が万博記念公園で開催♪

    PrettyOnline
  9. ドトールの春の新作、美味しさに全振りした結果「映え」を完全に無視! 見た目はほぼコンクリだけど…

    ロケットニュース24
  10. もう限界…“妻を見限った”夫たち #3「『時間がほしい』と言ったら…」

    ウレぴあ総研