Yahoo! JAPAN

米専用列車「全農号」11月から定期運行開始 週末ダイヤ利用し産地から消費地へ【物流の2024年問題】

鉄道チャンネル

「全農号」イメージ(写真:JR貨物)

JA全農、ZLC、JR貨物は1日、2023年11月から米専用列車「全農号」の定期運行を開始すると発表しました。

物流の2024年問題への対応策の一つ。試験運行はこれまでに計3回行われており、取引先からの発注の確保や輸送中の米の品質確認など、定期運行化に向けた準備が進められてきました。

定期運行では週末ダイヤを利用し、米の産地である東北・新潟・北陸地方から東海・西日本の消費地へ輸送することで米の安定供給に取り組みます。

初列車は11月5日(日)夜に青森県の八戸貨物駅を出発。秋田、新潟、金沢などの各駅で米の積み込みを行い、夕方に大阪市の百済貨物ターミナル駅へ到着予定です。運ぶ米の量はコンテナ100基分、約500トン。

「全農号」輸送ルート(画像:JR貨物)

【関連記事】

おすすめの記事