Yahoo! JAPAN

船アマダイ釣りで本命ツ抜け達成 船中シロアマダイも顔出し

TSURINEWS

静岡県で釣れたアマダイ(提供:週刊つりニュース中部版APC・植島考裕)

静岡県湖西市の遠州新居港のわし丸でアマダイを狙った。波の上下動を吸収する軟らかいサオが奏功し、大型一荷も含めて本命ぽつぽつ。最終的に2ケタの釣果を得た当日の釣りをリポートしたい。

わし丸でアマダイ釣り

1月30日、静岡県湖西市の遠州新居港のわし丸で予約を入れておいた。すでに今期の後半戦に入りつつあるアマダイ釣り。大型も出ているようだが、天気があまり良くない日が続いている。悪天候の隙間を見つけて釣行するしかない。

前日に釣行したIK氏によると、大型を含めてかなり良い釣果だったようだ。潮もクリアになって食いが良かったのだろう。

前日の状況を聞いて、私は午前4時に起床して早速港に向かった。前日の午後から吹いている風が少し強いようだが、何とか出船できるだろう。港に到着してみると合計4人での出船とのこと。IG氏、MI氏を含めてじゃんけんをして私は左舷トモに着座。今期はこの座席が多いが自分としてはやりやすい場所だ。

悪天候の合間を見つけて釣行(提供:週刊つりニュース中部版APC・植島考裕)

最近はこれまでのテンリュウのサオに加えて、もう1本自作のサオを持ち込んでいる。波が高い場合、テンリュウのサオは少し硬いのでサオ先の上下移動が結構激しい。あまりに激しい上下移動だとアマダイの食いが悪いので、こちらを使うという算段だ。

道具はいつとも同じように片テンビンに自作の2本バリの仕掛けを準備。ハリは伊勢尼を基本にしている。エサはその時の状況に合わせてホタルイカ、もしくはオキアミを選択して使用する。

本命登場&シロアマダイも

7時になり船は港を離れて一路漁場へ。太平洋へ出ると少し風が強くて波がある。岸沿いを走って1時間ほど。場所に到着して早速釣りを開始。100m程度の水深を攻めていく。エサ取りが多いのでエサチェックは必須だ。キダイがアタったり、マアジが掛かるようになる。マアジは群れが反応で出ているようで、専門に狙ってみても面白そうだ。

1時間ほどアタリが出ずに苦労したが、やっとのことで中型を釣り上げていい感じだ。ミヨシ右舷で1kg程度のシロアマダイが釣れている。なかなか貴重な魚だ。私はエサを丁寧に見て釣りを継続していく。波がちょっと高いので、最初に用意したテンリュウのサオと交換して自作のサオへ。波の上下動を抑えて2匹目も中型でほっとひと息。大判が欲しいところだ。

タナを取り直そうとしてクラッチを切り、仕掛けを海底に。少し待っていると何かアタったようで引き上げるとグイグイという引き。これは大型のようだ。途中で3回の引きを味わって船べりまで上がってくると、IG氏とオマツリしてしまったが何と大型が2本のハリそれぞれに付いている。大型が一荷で釣れるのはここ最近の自分には珍しいことでうれしさMAX。1匹でもかなりの高級魚だ。

順調にヒットしツ抜け達成

その後、波が収まってきたので少し深い場所に移動する。130m程度だが、この水深でもアタリが頻繁に出てくる。潮もクリアだし、そこそこ流れているのだろう。小型の赤ちゃんのようなサイズはほとんど釣れない日のようなので罪悪感がない。

移動するごとにアタリが出るので、曇り空ではあるが気持ち的にはあったかい感じだ。正午になり、もう少しでツ抜けをする感じになってきた。最後まで丁寧に釣って、10匹釣ったところで納竿の時間となった。

当日の釣果の一部(提供:週刊つりニュース中部版APC・植島考裕)

大型も全部で3匹ほど釣ってクーラーはにぎやか。寒いながらも楽しい一日となった。アマダイ釣りは後半戦に突入している。天気次第で出船タイミングは限られるが、大型を釣り上げるチャンスでもあるので、事前の予約、確認の上、ぜひともチャレンジしていただきたい。

アマダイは刺し身もおいしいが、少し手をかけると極上の味が堪能できる。千枚漬けで挟んだり、蒸し物や焼き物、温かい汁物なども堪能できる万能高級魚だ。

<週刊つりニュース中部版APC・植島考裕/TSURINEWS編>

この記事は『週刊つりニュース版』2022年2月18日号に掲載された記事を再編集したものになります。The post船アマダイ釣りで本命ツ抜け達成 船中シロアマダイも顔出しfirst appeared onTSURINEWS.

【関連記事】

おすすめの記事