Yahoo! JAPAN

おわら節を優雅に演舞 シニアの祭典に出演〈横浜市港北区〉

タウンニュース

2年ぶりの舞台を成功させた(=提供)

横浜武道館で4月15日に行われた「シニアの祭典」に大倉山を拠点に活動する「おわら節を学ぶ会」が出演した。

横浜市老人クラブ連合会が主催の同祭典。同会は港北区代表として参加し、富山県の民謡「おわら風の盆」を披露した。

これまで区内のイベントや民謡の大会などに出演していたがコロナ禍で中止に。昨年12月からこの日に向けて週1回練習に励み、約2年ぶりのイベント出演となった。演舞は男女7人で10分間行われた。メンバーの二星暁子さんは「大舞台で緊張したが上手にできた。おわら節を知ってもらい、多くの人と踊れるようになれば」と話した。

【関連記事】

おすすめの記事