Yahoo! JAPAN

叶恭子、愛猫の基地にエルメスのスカーフを敷くことを提案 美香は「絶対にヤメて」と悲鳴

Techinsight

「おおげさな美香さん」とマイペースな恭子と翻弄された美香(画像は『叶姉妹 kanosisters 2020年4月5日付Instagram「医療従事者の方々に 心より 感謝と尊敬の念、わたくし達の気持ちをお伝えしたくて…」』のスクリーンショット)

これまで数多のファビュラスな伝説を残してきた叶姉妹。特に姉・恭子の行動は予測不可能で、妹の美香も困惑することが多い。このほど美香が愛猫にエルメスのスカーフを奪われたことを告白。姉に苦情を入れると、恭子は愛猫の“基地”にエルメスのスカーフを敷くことを提案してきたという。

9日、叶姉妹の叶美香が公式Instagramを更新。愛猫の“ファビュラス君”に、大切なエルメスの大判スカーフを奪われたことを告白した。ファビュラス君はホルダーからスカーフを3枚ほど落とし、くしゃくしゃに丸めてその中で寝るのがお気に入りだそうだ。

ファビュラス君を特に可愛がっているのは叶恭子である。そのような事情から美香が恭子に苦情を入れたところ、「エルメスのあのハリのあるなめらかな肌ざわりが好きなのね」と意に介さない様子だったらしい。

それどころかファビュラス君の基地であるショルダーバーキンの中に、美香のスカーフを敷くことを提案してきたという。これには美香も大慌てで「それは絶対にヤメて」「お願いですから…」と必死に抵抗したそうだ。

しかし美香が懇願しても、「ネコちゃんのネイチャーをできるかぎり受け入れてあげたいだけなのだから」「おおげさな美香さん」とマイペースな恭子。最終的には、恭子所有のエルメスの大判スカーフ4枚を使ってキャットベッドを製作。美香は「私のお気に入りスカーフ達は無事になりました」と安堵していた。

叶姉妹の公式Instagramを見た人からは、「叶姉妹の猫、エルメスのスカーフひいたバーキンで寝てて爆笑」「さすが叶姉妹の猫…」という声があがった。

実は美香が“被害”に遭うのはこれが初めてではない。これまでも度々、ファビュラス君が高級バッグの中で遊ぶ衝撃的な姿を公開してきた。昨年11月のブログでは、ピンク色のショルダーバーキンの中でくつろぐファビュラス君の写真を掲載。美香が出掛けようとしたところ、テーブルの上に置いてあったショルダーバーキンの中にファビュラス君が入り込んでしまったそうだ。

一向に動かないファビュラス君に困っていると、恭子は「そんなことしてないで他のバッグを持って行けば」「面白い美香さん」と発言。恭子の“心配するポイント”が違うことに美香は困惑していた。

叶姉妹のエルメス好きは有名で、「バーキンの全製造数の15%くらいは叶姉妹が持っていそう」と冗談で言われているほどだ。2016年11月のブログでは、叶姉妹が所有するバーキンコレクションの一部を紹介。カラフルなバーキンを10個以上紹介し、ファンからは「さすが叶姉妹」というコメントが寄せられた。

ちなみに漫画やコスプレ好きとしても知られる叶姉妹。先月8日のブログでは、人気漫画『呪術廻戦』の収納用にルイ・ヴィトンのハードケースを使っていることを明かしており、一般人にはなかなか思いつかない発想に「なんて贅沢な本箱」と驚きの声があがっていた。

叶姉妹の感覚が一般に理解できるはずはないが、世間とかけ離れているのは2人の愛猫も同じらしい。平然とエルメスのバーキンを基地にして、さらにスカーフに丸まってリラックスできるファビュラス君。ネット上の意見にもあったように、「さすが叶姉妹の猫…」というのが多くの人の素直な感想だろう。

画像は『叶姉妹 kanosisters 2020年4月5日付Instagram「医療従事者の方々に 心より 感謝と尊敬の念、わたくし達の気持ちをお伝えしたくて…」、2021年2月9日付Instagram「エッ、エエーッ!」、2021年1月8日付Instagram「美香さんの本箱」、2019年3月12日付Instagram「言葉の暴力と偏見による「危険な世界観」」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 すぎうら)

【関連記事】

おすすめの記事